静岡のとんかつチェーンかつ銀が一晩火入れする極レアとんかつを限定発売!

一番旨みを感じる厚さを求め、やわらかく、旨みが増して油が少なく、極レア低温調理

創業69年のにしはらグループ(かつ銀・一番亭・ぼて福を運営)が、お肉のやわらかさ、ジューシーさと、科学的な調理法によるヘルシーさの両立を目指して、
一晩じっくりと火入れする、極レア低温調理とんかつを開発した。

中心がきれいに均等にピンクになるよう一晩火入れされたとんかつ
中心がきれいに均等にピンクになるよう一晩火入れされたとんかつ

「好きな揚げ物」で1位に輝く「とんかつ」

ブランド豚の研究や増加によって、お肉自体の旨みや濃厚さという指数も、年々増えている。国内のブランド豚の銘柄数は、2010年に比べて、18年には246%に増加している。

しかしとんかつは、女性を中心に「油やカロリーが気になる」という声が非常に多かった。
2018年に株式会社タニタが行った調査でも、「カロリー半減なら食べたいと思う定食」で1位の回答になっている。

そこでにしはらグループでは、ジューシーさを増しながら、油やカロリーを減らすために、
低温でじっくりと火入れを行う調理方法を何百例とテスト、開発した。低温調理は、厚生省のガイドラインに完全に合致した状態で行う。

肉の厚さ190%upにも関わらず、油の吸収率2割カット、柔らかさ210%up

通常10分以上かかるところを事前に一晩低温で火入れする事でオーダーから油で揚げる時間を2分に、1/5以下に減らすことに成功した。
実際に使用する油の量は、2割ほどの削減になり、油の吸収率も2割ほどカットされる。

さらに、遺伝子組み換えでない菜種を圧搾一番搾りした、香ばしい油を使用することで、カロリーに配慮しながらも健康的で香りのいい仕上がりとなった。

かつ銀静岡SBS店の極レアとんかつ
かつ銀静岡SBS店の極レアとんかつ

まずはかつ銀静岡SBS店で12月25日から、1日15食限定でスタート

「揚げ時間を減らすことで、お肉の柔らかさとジューシーさが、全く変わります。肉汁をとじこめて、旨みを増すことも出来ました。お肉の味が濃くて、体にもいいとんかつです」代表取締役社長の西原洋平の弁。

限定先行販売する「かつ銀静岡SBS店」
限定先行販売する「かつ銀静岡SBS店」

【本件についての問い合わせ先】

株式会社にしはらグループ
HP:http://katsugin.com/
MAIL:nishiharagroup@gmail.com
電話:080-4795-5641(携帯)
住所:静岡県三島市富田町3-30
担当:西原