表紙は増田陸初登場!「月刊ジャイアンツ9月号」7月23日(土)から発売【報知新聞社】

付録は湯浅大プロ初本塁打記念クリアファイル

「スポーツ報知」を発行する報知新聞社(代表取締役社長・依田裕彦)は、読売巨人軍監修のファンマガジン「月刊ジャイアンツ」2022年9月号を7月23日から順次、全国の書店、オンライン書店などで発売します。用紙代をはじめとする諸費用の高騰に伴い、今号から定価を税込700円に改訂させていただきました。A4版88ページオールカラー、付録は湯浅大選手プロ初本塁打記念クリアファイルです。書店での取り寄せ注文可能。お近くのYC(読売新聞販売店)でも注文を承ります。読売巨人軍公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」、ECサイト「ショップ報知」でも購入できます。

ヤングG直撃インタビューに中山礼都

表紙と巻頭インタビューには、プロ4年目の増田陸選手が初登場。1軍初昇格から見せている熱いプレートは対照的に、プロ入りからの3年数か月を冷静に振り返っています。明秀日立高校3年から今季までを写真で追った“陸スタグラム”も掲載しました。ヤングG直撃インタビューでは、プロ2年目の中山礼都選手が1軍復帰直前に、2軍で汗を流す心境を語っています。

ウォーカー&亀井コーチが“二人三脚”で取り組む守備練習に迫る

zoom in Gでは、坂本勇人キャプテン、サヨナラ打や9回2死から同点弾を放った吉川尚輝選手、オールスター戦にファン投票で選出されたルーキーの大勢投手、プロ初完封を果たした戸郷翔征投手、エース菅野智之投手、3戦連発した大城卓三捕手らをピックアップ。さらに活躍の要因を深掘りするzoom in G DEEPNESSでは、ウォーカー選手と亀井善行1軍外野守備兼走塁コーチが“二人三脚”で取り組む守備練習に迫りました。

岩橋玄樹EEの東京ドーム新設シート巡り後編

大人気企画のリレーインタビューは、今村信貴投手と重信慎之介選手の同学年コンビ。Gコーチトークには、8年ぶりに復帰した小笠原道大2軍打撃コーチが登場。本誌エグゼクティブ・エディター(EE)を務めるG党アーティスト・岩橋玄樹さんの連載「G-BALLPARK」は、東京ドーム新設シート巡り後編。とじ込みピンナップは、ポスターが戸郷翔征投手のプロ初完投勝利、カレンダーが小林誠司捕手。坂本キャプテン、菅野投手、岡本和真選手、松原聖弥選手、広岡大志選手らの直筆サイン入りNEW ERA®キャップ、9月11日に東京ドームで行われるイースタン・リーグのヤクルト戦ペアチケットなどに応募できる夏のスペシャル読者プレゼントもあります。

<出版概要>

タイトル 月刊ジャイアンツ2022年9月号
発売日 2022年7月23日(土)
定価 700円(税込)
出版 報知新聞社
体裁 A4判88ページオールカラー
販売 全国書店、主要オンライン書店、YC(読売新聞販売店)
《ECサイト》
ショップ報知 https://shop.hochi.co.jp/
読売巨人軍公式通販サイト「ジャイアンツオンラインストア」 https://store.giants.jp/store/