KPMGコンサルティング、ServiceNow Japanと GRC分野のデジタルトランスフォーメーション事業で協業を開始

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 宮原 正弘、以下、KPMGコンサルティング)は、ServiceNow Japan合同会社(本社:東京都港区、執行役員社長:村瀬 将思、以下、ServiceNow Japan)と、ガバナンス・リスク・コンプライアンス(以下、GRC)分野のデジタルトランスフォーメーションを実現するためのコンサルティングおよび統合プラットフォーム構築において協業を開始します。

近年、企業を取り巻く環境の変化が激しさを増しており、ITを活用した新しい顧客接点の構築やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAI(人工知能)を駆使した業務効率の向上など、企業はデジタルトランスフォーメーションを推進する必要性に迫られています。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を契機に、企業はリモートワーク実施などの新たな業務態勢への適応や予測不能なリスクへの備えも必要不可欠となりつつあります。

今後は、ビジネス変化の加速、多様化するリスク、ニューノーマル(新常態)への移行など、経営管理における課題はさらに複雑さを増していく中、企業はビジネスの側面だけではなく、リスクの状況を素早く正確に把握し、柔軟かつ迅速に適切な経営判断が求められていきます。しかし、企業を取り巻くリスクは多様化し、その対応負荷が増加しているにも関わらず、担当者による手作業中心となっていたり、各システムで個別管理していたりと、情報の集約、迅速なリスク管理に課題を抱えており、企業活動に関わるコーポレートサービスおよびGRC機能の変革を推し進めていく事が求められています。こうした課題を解決するために、GRCソリューションの導入だけではなく、全社規模でのデジタルトランスフォーメーションが必要です。KPMGコンサルティングは、事業変革、テクノロジー、リスク&コンプライアンスに強みを持ち、GRC業務でデジタル技術を活用し、効率化する「デジタルGRCトランスフォーメーション」の提供を行っています。この度、GRCソリューションに強みを持つServiceNow Japanと協業のための契約を締結し、同社が提供するServiceNow(R) IRM(Integrated Risk Management)を活用することで企業内のGRC業務および各種コーポレートサービスの統合、デジタル化、そして効率化を総合的に支援することが可能となります。

本協業はKPMGとServiceNowによるグローバルアライアンス活動の一環であり、グローバルではすでに多数のサービス提供実績を有しています。グローバルで蓄積された知見も活用し、国内のクライアントのデジタルトランスフォーメーションの実現、業務改革の実施をサポートしていきます。また、日本における協業の最初の取組みとして、GRC領域のDXのケースを踏まえ、これからのGRCの在り方を提言するオンデマンドセミナーを両社で実施します。

https://home.kpmg/jp/ja/home/events/2020/06/digital-grc-servicenow.html

今回のServiceNow Japanとの協業について、ServiceNow Japan合同会社 執行役員社長 村瀬 将思氏は次のように述べています。
「ServiceNow Japan合同会社は、GRC分野におけるデジタルトランスフォーメーションを実現するために、KPMGコンサルティングと協業できることを大変嬉しく思っております。COVID-19の感染拡大がもたらしたニューノーマル時代においても、企業はビジネスの事業継続や成長を実現するためにリスクとコンプライアンスを管理することが不可欠です。ServiceNowは、業務プロセスのデジタルワークフロー化やAIを利用したユーザーエクスペリエンスの向上と自動化によってアクティビティを継続的にモニタリングできるようにし、意思決定の精度を向上させ、パフォーマンスを改善する、クラウドベースの最新のプラットフォームを提供します。これにより、組織を横断した連携が容易となり、例えばビジネスユーザー、CEO、取締役会とも効果的にコミュニケーションを取ることができるため、思いどおりに業務を遂行できるようになります。KPMGコンサルティングが持つ知見と組合せることで、GRC分野を皮切りに、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させることができると確信しています」

ServiceNow(R)を活用したデジタルGRCトランスフォーメーションの特徴

GRC分野のデジタルトランスフォーメーション

GRCソリューションの導入だけでは、現状業務の単純システム化に留まることから、GRC分野のデジタルトランスフォーメーションには既存の組織体制や業務プロセス、評価基準などの見直しを含んだ業務改革が重要となります。KPMGコンサルティングは企業のデジタルトランスフォーメーションの支援だけでなく、リスクコンサルティングの専門組織を持ち、アセスメント・導入から、実行時におけるロードマップや計画策定支援、プロジェクト管理、導入後の定着まで、トータルで支援します。

自動化と一元管理

ServiceNow(R)のNow Platform(R)はデジタルワークフローを提供する戦略的プラットフォームです。Now Platform(R)上で実現するServiceNow IRMソリューションを活用することで、ワークフローのデジタル化、データの自動収集・集計等の「自動化」、Now Platform(R)内外から収集した各種データの「一元管理」が可能となり、業務の効率化、リスク管理の高度化、業務対応の迅速化を実現する全社デジタル統合プラットフォームおよび継続的なモニタリング環境の構築を支援します。

ServiceNowを利用したデジタルGRCトランスフォーメーションのイメージ図
ServiceNowを利用したデジタルGRCトランスフォーメーションのイメージ図

KPMGインターナショナルについて

KPMGは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークです。世界147ヵ国のメンバーファームに約219,000名のプロフェッショナルを擁し、サービスを提供しています。KPMGネットワークに属する独立した個々のメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative(“KPMG International”)に加盟しています。KPMGの各メンバーファームは法律上独立した別の組織体です。

KPMGコンサルティングについて

KPMGコンサルティングは、KPMGインターナショナルのメンバーファームとして、ビジネストランスフォーメーション(事業変革)、テクノロジー、リスク&コンプライアンスの3分野でサービスを提供するコンサルティングファームです。戦略、BPR、人事・組織、PMO、アウトソーシング、ガバナンス・リスク・コンプライアンス、ITなどの専門知識と豊富な経験を持つコンサルタントが在籍し、金融、保険、製造、自動車、製薬・ヘルスケア、エネルギー、情報通信・メディア、サービス、パブリックセクターなどのインダストリーに対し、幅広いコンサルティングサービスを提供しています。