【フリーランスコミュニティ】コミュニティ内の週刊報告『週刊ドットいっぽ』が第100号を突破!

フリーランスコミュニティ.ippo(ドットいっぽ)がコミュニティ内で配信する『週刊ドットいっぽ』が100号を迎えました

無料オープンコミュニティ「.ippo(ドットいっぽ)」のコミュニティ内での情報共有の為にコミュニティ内で配信する『週刊ドットいっぽ』が4/7に100号を迎えました。(運営:合同会社KBC(神奈川県川崎市 代表社員 小林慶志郎))
案件の交換だけでなく、人柄を知ったうえでつながれるフリーランス仲間を作ることを目的としたコミュニティとして、多くの出会い・つながりを生み出すべく様々な取り組みを通じてメンバー同士のコミュニケーションの活発化を図っています。

公式サイト:https://dot-ippo.com/

フリーランスコミュニティ『ドットいっぽ』とは

「.ippo(ドットいっぽ)」は、フリーランスや副業を頑張る人が「気軽に相談できる仲間を作る」ための完全無料のコミュニティです。様々な業種のフリーランスや副業家が所属しています。
メンバー同士のつながりを生み出すために、コミュニティの中でのオンライン/オフラインでの「交流会」や「勉強会」等のイベントを定期的に開催しています。

直接的な案件紹介などを中心とするコミュニティとは異なり、"仲間づくり"を目的の中心に据えたコミュニティとなっています。そのため勉強会などでも「講師と生徒」という形式ではなく、各自の知識を持ち寄り双方向のコミュニケーションの中で学びを深めるようなイベントが多くなっています。
孤立しがちで契約トラブルなどのリスクも高い"フリーランス"という働き方の中で、普段からコミュニケーションをとることで『効率的に楽しみながら仕事ができる仲間』を作れる環境を目指して運営しています。

コミュニティ内の交流促進のための情報共有誌『週刊ドットいっぽ』

フリーランスの方だけでなく会社員として働きながら副業を検討されているメンバーさんなども多く所属する.ippoでは、毎回すべてのイベントに参加すること難しいという方が多くいらっしゃいます。
お仕事をしていると毎回イベントに参加することが難しいケースも多いため、イベントに参加できなかった人でもコミュニティ内の活動状況が分かるように『週刊ドットいっぽ』というコミュニティ内の配信を毎週行っています。
2022年2月から毎週発行を続け、100号を迎えた4/7には『100号記念増刊号』を発行しました。

今後もコミュニティ内での様々な活動をコミュニケーションのきっかけにして、より多くのつながりを作っていただけるよう工夫を重ねてまいります。

会社概要

合同会社KBC
プロジェクトマネジメントを中心に経営、業務、ITのコンサルティングを行ってきた小林慶志郎(中小企業診断士)が2018年に設立。
数々のクライアント先で”仕事との向き合い方”に悩む人達に触れ、「働く人達が笑顔で前向きな気持ちで働ける環境づくり」を目指して、業種業界を問わず、幅広い領域でコンサルティングやプロジェクトマネジメント支援を行っている。
また、外部からの支援だけでなく、「働く人」の選択肢を広げる活動の一環としてフリーランスコミュニティの運営など様々な活動に挑戦している。
フリーランスの働き方の変革を皮切りに、働くすべての人達の"働き方"、ひいては"生き方"を次の時代にシフトさせることを目指して、各種サービス提供を行う。

コーポレートHP:https://www.kbc-llc.io


AIが記事を作成しています