10/17(土)近畿大学法科大学院講演会を開催 特許実務の現場では何が起きているのか? 近畿大学東大阪キャンパスにて

畿大学法科大学院(大阪府東大阪市)は、平成27年(2015年)10月17日(土)に東大阪キャンパスにて、2015年度法科大学院講演会を開催します。今回は、知的財産実務のスペシャリストである飯島歩弁護士を講師としてお招きし、「特許実務の現場―権利化、ライセンス、権利行使と防御―」というテーマで講演していただきます。

【本件のポイント】
●講師は知的財産実務のスペシャリスト・飯島歩弁護士
●企業での特許実務について解説、学生の理解を深める
●東大阪地域の中小企業における特許の活用を支援

【本件の概要】
本年度の講演会では、知的財産実務のスペシャリストである飯島歩弁護士を講師としてお招きし、「特許実務の現場―権利化、ライセンス、権利行使と防御―」というテーマにて、2015年度法科大学院講演会を開催します。海外でも活躍する法律の専門家から学ぶことで、学生の特許実務に対する理解を深めることを目的とします。一方で、企業での特許に関する知識の活用方法などについても学び、法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)に限定しない学生の多様なキャリア形成を支援することも目的としています。

また、東大阪地域の中小企業の方の特許実務に対する理解を深め、地域企業の知的財産の有効活用および地域の活性化に貢献します。

■日   時:平成27年(2015年)10月17日(土) 14:00~16:00
■会   場:近畿大学東大阪キャンパス B館10階 マルチメディア教室
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬」駅から徒歩約10分)
■対   象:法科大学院生・修了生、地域企業の方(定員70人、入場無料、申込不要)
■お問合せ:近畿大学法科大学院事務課
      TEL(06)4307-3040 E-mail:lawschool@itp.kindai.ac.jp

【講師プロフィール】
弁護士法人北浜法律事務所所属 代表社員
飯島 歩 氏(弁護士、弁理士、ニューヨーク州弁護士)

平成 4年(1992年)3月 京都大学法学部卒業
平成 6年(1994年)3月 司法修習(第46期)修了
平成 6年(1994年)1月 北浜法律事務所入所
平成 19年(2007年)1月 弁護士法人北浜法律事務所・代表社員就任

特許庁工業所有権制度改正審議室法制専門官、一般財団法人知的財産研究所「知的財産の
更なる活用の在り方に関する調査研究委員会」委員等を歴任。

【本件の背景】
近畿大学法科大学院では、法科大学院の社会的役割や法曹の将来像に対する学生の見識を深めるとともに、これらの課題についての問題意識を広く社会に喚起することを目的として、平成16年(2004年)から、各界の有識者を招いた講演会を定期的に開催しています。一方で、法務分野における本学の学術研究成果を社会に提供し、地域企業へと貢献することを目的として、企業法務セミナーを定期的に開催するなどの地域との連携強化にも努めています。

【近畿大学法科大学院】
近畿大学法科大学院は、少人数教育を徹底し、双方向性をモットーとした教育を実践しています。豊かな人間性や感受性、幅広い教養と専門的知識、柔軟な思考力、説得・交渉の能力、さらに国際性といった、現代の法曹に必要な基本的資質を育てます。

特に学習環境の充実に力を入れており、自習室には、カード錠で入退室可能となる24時間対応のシステムを導入しています。法科大学院生全員が専用の机を持ち、ノートパソコンも貸与されます。また、修了生専用の自習室や、7万5千冊の資料が揃うローライブラリーも24時間利用が可能です。

法科大学院がある東大阪キャンパスB館
法科大学院がある東大阪キャンパスB館