OIEMOTO Photo by. HIROSHI SEOがDESIGNART TOKYO 2019に参加

華道・茶道・香道など日本独自の様々なジャンルの「家元」にフォーカスを当てた     OIEMOTOプロジェクトが日本初展示

OIEMOTO Photo by. HIROSHI SEO × DESIGNART TOKYO 2019 with CHANA COMPANY
OIEMOTO Photo by. HIROSHI SEO × DESIGNART TOKYO 2019 with CHANA COMPANY

ファッション、広告、雑誌等、さまざまなジャンルで作品を発表し続けている写真家瀬尾浩司が2017年に始動した、華道・茶道・香道・弓馬術など日本独自の様々なジャンルの「家元」にフォーカスを当てその所作を写真に収めた「OIEMOTO」プロジェクトが、今年3月にロンドンで開催された展示を終えDESIGNART TOKYO 2019にて日本初展示を開催することとなりました。今回の展示ではロンドンでの展示作品から十数点を抜粋。
10/19(土)には、“SPECIAL PHOTO SESSION”として、能の宝生流二十世宗家宝生和英による舞いを瀬尾がライブシューティングするイベントも開催。瀬尾の写真を通じて、家元たちの奥に潜む広大で深遠な世界を感じていただけたら幸いです。

■展示期間:2019/10/18(金)〜2019/10/27(日)(展示開催中は11:00AM-20:00)
■SPECIAL EVENT:2019/10/19(土)Entrance18:45- Event19:30-19:40
(お席が少ないためお立ち見でのご鑑賞となる可能性がございます。ご了承ください)
■場所:Balmy Café / 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-1 TH1ビル 1F
■主催:CHANA COMPANY
https://chana-company.com/
■協賛:株式会社英進、株式会社BONX、株式会社リフレクション、リコージャパン株式会社

DM design: Seita Kobayashi
DM design: Seita Kobayashi

"OIEMOTO”とは

“家元”とは、茶道、華道、香道、武道など、日本の伝統的な芸能、芸道において、その流儀の最高権威伝承者またはその家系を指す言葉です。“家元”の起源は古く、1200年以上前からすでに存在したと言われ、近代において確立されていきました。家元は “一子相伝”の形をとることによって、長くに渡り伝統を守り続けてきました。それぞれの流派で長らく伝えられた技を今の世に紡ぎ、それをまた後世へと伝えていく使命を負っている彼らの姿には、「覚悟」に裏打ちされた独特の美学を感じます。

シテ方金春流八十世 金春安明
シテ方金春流八十世 金春安明
龍生派四代目家元 吉村華洲
龍生派四代目家元 吉村華洲
未生流笹岡三代家元 笹岡隆甫
未生流笹岡三代家元 笹岡隆甫

Photographer HIROSHI SEO/瀬尾浩司

写真家 瀬尾浩司
写真家 瀬尾浩司

広島県福山市出身。京都精華大学デザイン科卒業後、日本を代表する写真家・植田正治に師事。2000年よりフリーの写真家として、独自のアート視点とデザイン思考の優れたバランス感覚を活かしながら、広告・ファッション・雑誌など様々な分野で活躍する。東京都写真美術館、植田正治写真美術館、新津美術館、高松市美術館などでのワークショップや、銀塩写真技術や機材、フィルム、印画紙等を守っていく思いを繋げていくプロジェクト【ゼラチンシルバーセッション】への参加を通じ、写真の魅力を伝えることにも貢献。2017年より自身のライフワークとして、日本の伝統である華道・茶道・武道など「道」を極めた様々な流派の家元を撮影した「お家元」プロジェクトをスタート。2019年3月ロンドンPEACOCK THEATREでの展示を皮切りに、オランダ、ポーランドなど世界を巡回予定。持ち前の実験的精神で写真表現の可能性を探りながら作品を作り続け、近年ますます評価を高めている。
http://hiroshiseo.com/
https://www.instagram.com/seo_hiroshi_/


< 本件に関する問合せ先 >
瀬尾浩司へのインタビューや取材も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
●広報担当 / info@vision-tokyo.net