ナールスエイジングケアアカデミー新記事「基底膜(表皮真皮結合部=DEJ)は美肌に大切!スキンケア法は?」を掲載

美容・コスメ・エイジングケアの総合サイト「ナールスエイジングケアアカデミー」は、ほぼ毎日、更新中。

「ナールス」ブランドのエイジングケア化粧品を開発・販売する株式会社ディープインパクト(本社:大阪市中央区、代表取締役:富本充昭)は、顧客及び一般向けにエイジングケアや美容・健康に関する総合サイト「ナールスエイジングケアアカデミー」を運営しています。

本メディアは、

・化粧水
・美容液
・保湿クリーム
・エイジングケア化粧品
・酵素洗顔
・ハンドクリーム
・フェイスマスク
・洗顔・クレンジング

などのスキンケアアイテム別の選び方や使い方の情報

・乾燥肌や敏感肌
・毛穴
・しわ
・たるみ
・ほうれい線
・シミ
・くすみ

などの肌悩みの原因や対策

・表皮
・真皮
・皮下組織

など皮膚のしくみ

さらに、
・医師監修の美容医療
・頭皮・毛髪ケア
・脱毛
・ダイエット
・目のエイジングケア

などの情報を掲載しています。

「基底膜(表皮真皮結合部=DEJ)は美肌に大切!スキンケア法は?」のサマリー

基底膜は、表皮と真皮の間にある1mmの薄いシート状の層です。
表皮基底膜または表皮真皮結合部(DEJ= Dermal Epidermal Junction)と呼ばれることがあります。
基底膜は、表皮細胞、透明板、基底板、線維細網板の4つのパーツからなる構造です。
ラミニンやⅣ型コラーゲン、Ⅶ型コラーゲンなどの成分があります。

基底膜のはたらきは、表皮と真皮をしっかり結びつけ、皮膚の構造を守ることです。また、表皮へ栄養素を届けたり、細胞の分化をコントロールするなど、肌にとって大切なはたらきがあります。

しかし、エイジングや紫外線ダメージによって衰えることで、たるみやしわ、シミなどの肌老化の原因になってしまいます。

基底膜を守るために最も大切なことは、紫外線対策です。また、保湿ケアや肌を清潔に保つことも大切です。

最近では、基底膜に着目した化粧品成分も登場しています。ペプチドやヒメフウロエキスなどがあります。
近年、基底膜とコラーゲンの研究が進み、さまざまなことがわかってきました。また、肌老化との関係も明らかになりつつあります。

この記事では、基底膜(表皮真皮結合部=DEJ)の構造や役割、ダメージを防ぐためのスキンケアやエイジングケアなどの対策をご紹介します。

お問い合わせ

各種メディアでご参加希望の場合は、下記へお問い合わせください。

【株式会社ディープインパクト】
代表者  : 代表取締役 富本充昭
所在地  : 〒541-0048 大阪市中央区瓦町3-3-7 瓦町KTビル7階
設立   : 2005年12月
事業内容 : エイジングケア化粧品の企画・開発・販売/医薬品臨床研究支援/医学出版
資本金  : 4250万円
URL   : http://www.nahls.co.jp/
お問い合わせ  : 本リリース担当:富本充昭/村上清美
Tel:06-6208-0141 
E-Mail:nahlsAdeepimpact.vc
(上記メールアドレスは、*Aを@に変更してください)

■参考 
ナールスエイジングケアアカデミー 
http://eijingukea.nahls.co.jp/
インスタアカウント
https://www.instagram.com/nahls_official/