現役の介護職員が、認知症がある人と日々過ごす中で「本人の目線」で描いた絵本 新刊『いっしょにあるく』6月20日発売!

介護従事者、育児中の保護者、人間関係に悩む中学生から大人まで手に取ってもらいたい1冊。 たまには向き合わず、横に並んで一緒に大切な時間を過ごすことが大切です。


株式会社みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は、新刊『いっしょにあるく』(著者:うえのみえこ) を2022年6月20日に発売いたします。


詳細 URL:https://miraipub.jp/books/19045/

 

内容紹介

 

現役の介護職員が、 認知症がある人自身の気持ちになって描いた絵本。

 
「ずっとがんばってきたわたし。でも、さいきん、わからないこと、できないことが増えてきました……」

この絵本は、認知症がある人本人が主人公です。
現役の介護職員が、認知症がある人たちと日々接するなかで、
介護される側の気持ちに寄り添い、描き上げました。

近親者を介護する中で、私達は「本人のために」と、一方的な答えを押し付けていないだろうか……。
そんな、人間の尊厳について考え直すきっかけになる1冊です。

「一方的な押し付け」は、介護の現場に限ったことではありません。
育児中、子どもたちに対してや、
その他あらゆる人とのコミュニケーションにおいて、
大切なことに気づかされる1冊です。

出版社より

この絵本で語られている、認知症がある人自身のセリフに、
ドキッとする方は多いのではないでしょうか。

本人の気持ちを聞く前に、「本人のために」「安全のために」
周りの人たちが判断していることもあると思います。

しかし、本人は傷ついているのかもしれません。

この絵本は、介護だけでなく、子育て、夫婦、上司と部下などのコミュニケーションに悩む人にもオススメです。
相手の気持ちに寄り添えると、自分も少し楽になるかもしれません。
少し肩の力を抜くためにも、ぜひご一読ください。

著者プロフィール

兵庫県出身。京都芸術短期大学卒業後、転職を経て特別養護老人ホームに就職。
現在まで認知症介護に携わる。現在はグループホームで介護支援専門員に従事する傍ら、認知症介護指導者として活動中。

書籍概要

書籍名 :いっしょにあるく
著者  :うえのみえこ
定価  :本体1540円(税込)
体裁  :B5判 32ページ 上製 オールカラー
ISBN :978-4-434-30487-3
URL : https://miraipub.jp/books/19045/

会社概要

商号   : 株式会社みらいパブリッシング
代表者  : 代表取締役 松崎義行
所在地  : 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-26-12 福丸ビル6階
設立   : 2014年5月
事業内容 : 図書出版全般
URL   : https://miraipub.jp/




本件に関する報道関係のお問い合わせ先

株式会社みらいパブリッシング  担当:肥塚
電話番号:03-5913-8611  Email: koizuka@publishers.jp



関連書籍