妖怪漫画家・森野達弥が描く正統派『シリーズ妖怪幻燈』がwebサイト「ダンラク」にて連載開始!!

妖怪マンガのレジェンド水木しげる先生の下で修業し、数々の妖怪マンガを描いた森野達弥の妖怪マンガが「ダンラク」で8月16日(月)より連載開始! 現代を舞台にあちこちのスポットに出現する妖怪。都会で、田舎で、現代もいるであろう妖怪。幻燈機で照らし出された妖怪たちの逸聞(エピソード)を一話完結読み切り短編でお届けします。 (全8話のうち1話ずつ隔週掲載予定)


シリーズ妖怪幻燈 其之壱「猫又」漫画 森野達弥 原案 藤原邦彦
シリーズ妖怪幻燈 其之壱「猫又」漫画 森野達弥 原案 藤原邦彦
「ぬらりひょん」より
「ぬらりひょん」より
「座敷童」より
「座敷童」より
「幽谷響(やまびこ)」より
「幽谷響(やまびこ)」より

聞きなれない妖怪の名前もあるでしょうか。いずれも日本の代表的な妖怪が出現します。
其之壱『猫又』では、猫の妖怪の話。長く生きた猫のしっぽがふたつに割れ、怪異を起こすといわれるのですが、このお話では……。ぜひお楽しみください。

妖怪漫画家・森野達弥さんプロフィール

森野達弥さんは高校を出てすぐに水木しげる先生に師事。内弟子として十余年務め、その後独立。聞けば水木しげる先生との初対面は小学校のときでした。その後、中学時代に弟子入りを訴えるも「高校くらいは出てから来なさい」と水木しげる先生の言葉通りに高校卒業後、水木プロに入りました。
独立後は、妖怪物、時代劇などを中心に児童メディア、青年誌で活動しています。
『もがりの首』『怪奇タクシー』『YOKAI ATTACK!(外国人のための妖怪サバイバルガイド「妖怪アタック!」)』などがあり、最新刊は『怪談和尚』(原作・三木大雲/文藝春秋・刊)が8月5日に発売されたばかりです。

森野達弥さんよりコメントがあります。
「この妖怪マンガは、原案の藤原さんと、何か少しだけこれまでの妖怪物と角度の違う物をやりたいね、と話して連作企画で成立して描き上げた物です。現代が舞台で(少し未来的な話もありますが)わかりやすく救いのある物語を提示され僕も絵を添える事が出来ました。軽い気持ちで楽しんで頂けたら幸いです」

また、原案となった藤原邦彦さんからもひと言。
「今は不思議なことやおかしなこと、運不運も誰かのせいにしがちな世の中。ひょっとすると妖怪の仕業かもしれません。そう、妖怪は今もいると思うんですよね。そんなお話をぜひご覧ください」

【お問合せ・発行元】
株式会社ダンク
https://dank.jp/
住所:東京都台東区台東1丁目7-1 邦洋秋葉原ビル2F
担当者:藤原
TEL:03-3834-9087
E-mail:k-fujiwara@komakusa-pub.jp

「ダンラク」
我われダンクの編集者がお届けする
楽しくて少しためになるWEBサイト
ダンクが楽しく『ダンラク』。今後も取材やコラムなど更新していきます。
https://proof-reader.net/