仮想通貨のハードフォークとは?

世の中に今仮想通貨の種類はたくさんあり、8000種類以上にものぼります。すべての仮想通貨はブロックチェーン技術に基づいて、取引記録の元帳として使っています。仮想通貨のハードフォークは実際にそのブロックチェーンのハードフォークになります。

ブロックチェーン技術に関するハードフォーク(hard fork)とは、ブロックチェーンネットワークのプロトコルに対する根本的な変更を行い、結果的に下の図のように2つのブロックチェーンを生み出します。

- 以前のプロトコルに従うブロックチェーン
- 新しいプロトコルに従うブロックチェーン

ハードフォークは、ビットコインだけでなく、どの仮想通貨のブロックチェーンでも発生する可能性があります。

ハードフォークの理由は?

開発者がハードフォークを実装する理由はいろいろあります。

1. 既存のブロックチェーンの機能を改善・拡張するため
2. ソフトウェア最新バージョンに見られる重要なセキュリティリスクを修正するため
3. ブロックチェーン上のトランザクション記録を特別に改修するため。例えば、2016 年 7 月にイーサリアム(ETH:Ethereum)コミュニティは分散自律組織(DAO)のハッキングを取り消すために、ハードフォークを行いました。しかし、記録の巻き戻しを反対する人たちは旧バージョンを使い続け、それがイーサリアム・クラシック(ETC:Ethereum Classic)になりました。
4. 新しいテクノロジープロジェクトのクラウドファンディング方法として利用するため
5. 新種の仮想通貨を発行するため。新種の仮想通貨を発行する際、ゼロからその通貨のソフトウェアを作るより、既存の仮想通貨からハードフォークして作る方が簡単です。

さらに詳しい説明は以下の記事をお読みください。