人気舞台シリーズ「デストルドー9」スピンオフ作品 朗読劇『二階堂優の事件簿~プロクルステスの寝台~』上演決定 カンフェティでチケット発売

第16回ミステリーズ!(東京創元社)新人賞受賞のミステリー作家・床品美帆監修の本格ミステリー

デストルドー9製作委員会 朗読劇『二階堂優の事件簿~プロクルステスの寝台~』が2023年4月26日 (水) ~2023年4月29日 (土・祝)に萬劇場(東京都豊島区北大塚2-32-22)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=69897&

公式ホームページ
http://destrudo9.com/portal/

デストルドー9製作委員会では2019年より舞台公演を中心に「デストルドー9」(通称デスナイン)シリーズを展開してきました。その中で生まれた人気キャラクターのひとり、二階堂優(にかいどう・すぐる)を主人公に、初めて完全に独立したスピンオフ作品を制作します。

スピンオフシリーズ第一弾はミステリー作品。主演には声優・俳優として活躍中の浦尾岳大(尾木プロTHE NEXT)を起用。脚本はシリーズすべての脚本を担当してきた渡辺流久里が手掛けます。監修には第16回ミステリーズ!(東京創元社)新人賞を受賞したミステリー作家・床品美帆さんを迎え、本格ミステリー作品をお送りします。
現在チケット発売中(カンフェティ取扱はA席のみ)、平日マチネアフタートークも決定!

浦尾岳大(尾木プロTHE NEXT)
浦尾岳大(尾木プロTHE NEXT)

【ストーリー】

”「犯人はこの中にいる! って一回言ってみたかったんだよね~!」”
2023 年春、東京。
大学を中退してからというもの、定職に就かずふらふらしている二階堂優(にかいどう・すぐる)は友人である森雄吾(もり・ゆうご)のマンションに居候している。「いい加減働け」と雄吾にどやされ「な~んか面白いことないかな~」と職探しをする優。そんな二人の元を訪ねてきたのは芸能人の澤山要(さわやま・かなめ)。要は、優が探偵のようなことをやっており、かなりの切れ者という噂を聞きつけてやってきたのだ。
要の要望は『殺されるかもしれないから守ってほしい』というもの。「やる!」かわいいものが好きな優は要を気に入り、雄吾が止めるのも聞かずに引き受けてしまう。
要が言うには、ここ数か月同一人物と思われる者から怪文書が届くとのことだった。直近で届いた手紙には『プロクルステスの寝台でお前は死ぬだろう』と書かれていた。
プロクルステスというのは、『旅人を自分の寝台に寝かせ、身長が短すぎれば体を引き伸ばして殺し、はみ出ればはみ出た部分を切り落として殺す』という神話に出てくる強盗のことである。
「それだけじゃなくて……」要は、今度自分が出演するミステリーイベントの開催場所が『プロクルステスの館』であることを二人に告げる。
夏の開催に向けてテストプレイが始まるというそのイベントは、山奥にある館を借り切って泊まり込みで謎解きをする、というものだった。要はそのイベントの出演者なのだ。
「テストプレイヤーとして参加して、守ってほしい」という要。優は雄吾を引きずって参加することにする。
ゲームは平和に始まったかに見えたが――。

公演概要

デストルドー9製作委員会
朗読劇『二階堂優の事件簿~プロクルステスの寝台~』
公演期間:2023年4月26日 (水) ~2023年4月29日 (土・祝)
会場:萬劇場(東京都豊島区北大塚2-32-22)

■出演者
浦尾岳大
岡延明
渡部大稀
藤井彩加
笹翼
三浦勝之

■スタッフ
脚本:渡辺流久里
監修:床品美帆
企画制作:デストルドー9製作委員会

協力
尾木プロTHE NEXT
ソニー・ミュージックアーティスツ
サンノーム・エンターテインメント
アトミックモンキー

■公演スケジュール
4月26日(水)19:00~
4月27日(木)14:00~★/19:00~
4月28日(金)14:00~★/19:00~
4月29日(土祝)13:00~/18:00~
★終演後アフタートーク有(全キャスト)

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間:約1時間55分(休憩なし)

■チケット料金
S席:9,000円※カンフェティ取扱なし
A席:6,500円
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可