<洋服の青山> “日本初” お悩み相談AIチャットボット スナックママ「よしこ」 第三形態は「服装」に関するお悩み相談にも対応

累計相談件数13万件、年代別ビジネスパーソンのお悩みTOP5を公開

【第三形態のAIチャットボット スナックママ「よしこ」、ゆめかわ風の着物姿で登場】
【第三形態のAIチャットボット スナックママ「よしこ」、ゆめかわ風の着物姿で登場】

 青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))が提供する、日本初のお悩み相談AIチャットボットスナック ママ「よしこ」が第三形態へと進化し、新たに服装に関する相談に対応できるようになり、11月22日(火)から「洋服の青山」公式サイト内で公開します。

◇AIチャットボット スナックママ「よしこ」:https://www.y-aoyama.jp/campaign/chat_bot/snack.html

 当社では、コロナ禍の影響でリアルなコミュニケーションが希薄化し、仕事のストレスや悩みを抱えていても、それを打ち明けたり発散する場が減っていることから、若手ビジネスパーンが気軽に悩みを相談できる場として、2021年7月よりAIチャットボット スナックママ「よしこ」を公開しています。今回の第三形態では、出社をはじめとしたビジネススタイルの多様化、また、オケージョンや各種イベントなど外出の機会が増えてきたことから、「服装関連」の悩みを相談できるカテゴリーを追加しました。「ビジネスウェア」「スーツ」「就活・転職」「冠婚葬祭」について気軽に相談いただけます。

【服装関連の設問にはスーツスタイルで登場】
【服装関連の設問にはスーツスタイルで登場】

 さらに、よしこママの装いも進化しました。パステルカラーを基調とした“ゆめかわ(夢のようにかわいい)”風の着物姿でお悩みにお答えします。また、新カテゴリーである「服装関連」の設問を選択すると、バブル時代風スーツスタイルで登場。進化したよしこママをお楽しみください。その他、スナック「よしこ」では、若手社員から相談を受けた先輩の聞き下手レベルをユーモアたっぷりに表現したショート動画も紹介しています。

■AIチャットボット スナックママ「よしこ」に寄せられた悩みの変化

 これまでよしこママに寄せられた相談件数は13万件以上にのぼります。2022年3月までに寄せられた悩みと4月以降に寄せられた悩みを比較してみると、20代~40代の各年代ともに「今後のキャリアに対する不安」や「収入に対する不安」が上位にランクインしています。また、4月以降には「上司に責任感がない」「上司と性格/価値観が合わない」といった上司に対する悩みが各年代通してランクインする結果となりました。今後は、服装に関する悩みの選択肢を追加したことで得られる悩みのデータを分析し、お客様へのご案内に生かすなど積極的な活用を検討していきます。

■AIチャットボット スナックママ「よしこ」、ACC ゴールドなどを受賞

【第二形態のAIチャットボット スナックママ「よしこ」】
【第二形態のAIチャットボット スナックママ「よしこ」】

 この度、『 AIチャットボット スナックママ「よしこ」』が、下記の各賞を受賞し、高い評価をいただきましたのでお知らせいたします。引き続き、悩みが軽くなるような、ホッとして、クスッと笑って元気がもらえるようなAIチャットボットを目指してまいります。

・2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS フィルム部門 Bカテゴリーでゴールド賞
・JPMプランニング・ソリューション・アワード2022で金賞
・第75回 広告電通賞でイノベーティブ・アプローチ部門銀賞