大江戸温泉物語 東日本の宿に泊まって楽しむ海水浴&プール。読めば必ず行きたくなる!お薦め海水浴場やプール情報を集めたキュレーション記事を公開。

東北から九州まで、全国39か所に温泉宿・温浴施設を展開する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下 大江戸温泉物語)は、各宿内や宿付近で楽しめる海水浴・湖水浴やプール情報をまとめたページを公式サイト内に公開いたしました。

キュレーション記事【夏を楽しもう!2022 海水浴&プール特集】は、エリアやアクティビティ、また「ファミリー向け」など様々な切り口から、旅のスタイルや目的に合わせて最適な宿やスポットを検索できる仕様になっており、夏休みの計画を立てる際に便利なページになっています。

夏を楽しもう!2022 海水浴&プール特集ページ

https://www.ooedoonsen.jp/activity/pool_beach/

大江戸温泉物語に泊まって楽しむ海・プール イメージ動画

こちらの公開に伴い、本リリースでは東北から東海(伊豆)エリアまで、東日本の宿と宿近隣で楽しめるウォーターアクティビティの一例をご紹介いたします。

1. 【東北エリア】海水浴や湖水浴が楽しめる宿

【宮城県】日本三景/松島 ホテル壮観 https://sohkan.ooedoonsen.jp/

車で30分程でアクセスできる「月浜海水浴場」で夏の一日を楽しむ拠点にぴったりな「ホテル壮観」。
月浜海水浴場はその名の通り、三日月の形をした湾内の白浜が美しい海岸です。湾内で波も穏やかなため、小さなお子様がいるご家族にお薦めです。
太陽を浴び、水に浸かった後は子供も大人も思っている以上に疲れるので、海水浴場から宿までの距離が近い点も嬉しいポイントです。

海水浴場情報はこちらから https://sohkan.ooedoonsen.jp/news/12738

期間中は売店や仮設トイレ、有料シャワーも設置され、過ごしやすい環境が整えられる月浜海水浴場。

【福島県】 あいづ https://aizu.ooedoonsen.jp/

【福島県】 東山グランドホテル https://higashiyama.ooedoonsen.jp/

どちらの宿からもお車で30~40分程度の距離に「志田浜湖水浴場」「長浜湖水浴場」、2つの湖水浴場がある福島県の2つの宿。
「湖水浴」という言葉にあまり馴染みの無い方も多いのではないでしょうか?
湖で楽しむ湖水浴には、真水のため体がベタベタしない、クラゲなどの危険生物が海より少ない、海ほど若い人で混雑しない、など様々なメリットがあります。
そんなメリットがある湖水浴ですが、今回紹介する2つ湖水浴場のうち、志田浜湖水浴場は福島県のシンボルとも言える猪苗代湖の雄大な自然を堪能できるお薦めのスポットです。
水の流れも穏やかなうえに透明度も高く、水中を泳ぐ小さな魚を観察できるので、好奇心旺盛なお子様も一日たっぷり楽しめる湖水浴場です。

湖水浴情報はこちらから https://aizu.ooedoonsen.jp/news/12731

猪苗代湖には湖水浴を楽しむスポットがいくつかありますが、志田浜湖水浴場の近くにはバーベキュー用品がレンタルできるキャンプ場もあるので、湖水浴と共に湖畔のバーベキューを楽しむのもお薦めです。

2. 【関東・甲信越エリア】 屋内温水プールや快水浴場百選認定のビーチが楽しめる宿

【栃木県】日光霧降 https://nikko.ooedoonsen.jp/

全天候型大型屋内温水プール【日光霧降VIVA!ハワイアン】が夏季限定でオープンする「日光霧降」には、大人気のビッグスライダーが今年も登場します。
バーデゾーンには、マッサージバスや低温サウナもあるため、大人の方もゆったりとお過ごしいただくことができます。
プールの他にも、国立公園の中に建つ宿、日光霧降では敷地内で大自然を身近に感じることができる様々なネイチャーアクティビティを実施。
星空や野鳥観測など無料で参加できるアクティビティが充実しているので、夏休みならではのアクティブな想い出を作りたいファミリーに是非足を運んでいただきたい宿です。

日光霧降VIVA!ハワイアンの詳細はこちらから https://nikko.ooedoonsen.jp/news/9829

ネイチャーアクティビティの詳細はこちらから https://nikko.ooedoonsen.jp/natureactivity/

【新潟県】 瀬波温泉 汐美荘 https://shiomiso.ooedoonsen.jp/

新潟県屈指の夕日の名所、瀬波海岸に面して建つ海辺の宿、「瀬波温泉 汐美荘」。
宿の目の前に広がり、海水浴場百選にも認定されている瀬波海岸は白浜のビーチが広がり、プライベートビーチ感覚で夏の一日をお楽しみいただけます。
浜辺では夜は花火もでき、フロントでバケツや懐中電灯などをお貸出ししています。
昼は海水浴、夜は花火。これ以上ない夏らしい一日を過ごせる宿はファミリーはもちろん、カップルやお友達同士の旅にもお薦めです。

海水浴情報の詳細はこちらから https://shiomiso.ooedoonsen.jp/news/12811

瀬波海岸が眼前に広がるロケーションに建つ汐美荘。海水浴を楽しむのはもちろん、客室やレストラン、そして露天風呂から青い海、水平線に沈む夕日をご堪能いただけます。

3. 【東海エリア】首都圏からもアクセス良好!伊豆の夏を満喫する宿

【静岡県】 熱海伊豆山 ホテル水葉亭 https://suiyotei.ooedoonsen.jp/

【静岡県】 熱海温泉 あたみ     https://atami.ooedoonsen.jp/

【静岡県】 伊東温泉 ホテルニュー岡部 https://ito.ooedoonsen.jp/

【静岡県】 土肥マリンホテル    https://toi.ooedoonsen.jp/

東京や神奈川など首都圏からのアクセスの良さも魅力の東伊豆に3つ、そして東伊豆とはまた異なる、ゆったりとした空気が流れる西伊豆に1つ。静岡県・伊豆半島に4つの宿を持つ大江戸温泉物語。
海上に巨大アスレチックが登場する<熱海サンビーチ>に程近い「ホテル水葉亭」と「あたみ」、<伊東オレンジビーチ>まで徒歩約15分でアクセスきる「ホテルニュー岡部」。3つの宿は海水浴だけでなく駅前の温泉街散策も楽しめるため、マリンレジャーと観光を欲張りに楽しみたい方にお薦めです。

海の上に巨大アスレチックが出現!不安定なチューブの上をバランスを保ちながら移動したり、海に飛び込んだりなど、楽しみ方は自由自在。

東伊豆より比較的混雑の少ない西伊豆。そんな西伊豆にある土肥マリンホテルは目の前に広がる<土肥海水浴場>をプライベートビーチのように楽しんでいただくことができるオーシャンビューの宿です。西伊豆ならではの透明度の高い海、そして夕刻には海に沈む夕日を圧倒的なスケールで眺めることができ、きらきらと煌めく、夏の想い出をお作りいただけます。

透明度の高い西伊豆の海で一日遊んだ後は、水平線に沈む大きな夕日を眺めて夏の一日を締めくくりませんか?

※記載内容は2022年5月末時点の情報です。状況により開設やイベント開催が中止になる場合もございます。お出かけ前に各自治体が発信する情報をご確認ください。

多くの方が自粛を余儀なくされ、ご家族やお友達との旅行を控えられた方も多かったこの2年間。
手探りではありますが、少しずつ規制も緩和され、またwithコロナ時代のエチケットを守って旅の計画を立てられる方も増えてきています。
お子様にとって楽しい想い出や貴重な経験が出来る夏休み、また大人の方も暑い夏を乗り切るために、ゆっくりとお休みを取ることも大切な夏。
夏ならでは、水辺の楽しさを満喫できるレジャースポットが近隣にある大江戸温泉物語、東日本の宿をチェックして、楽しい夏の計画を立て始めませんか?

【最新情報はSNSをチェック】

■ お得情報満載!公式LINEアカウント友だち募集中!

https://page.line.me/?accountId=054bvfbh

■ 温泉宿や温浴施設の魅力をチェック!公式Twitterをフォローしませんか?

https://twitter.com/ooedoonsen_hr

【会社概要】

■ 会社名 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
■ 所在地 〒104-0061
  東京都中央区銀座7-16-21 銀座木挽ビル5階
■ 設立年月日 2017年12月5日(創業2001年11月)
■ 資本金 11,100百万円 (2022年2月28日現在)
■ 代表取締役 森田満昌
■ 事業内容 ホテル旅館温浴施設運営
■ URL https://corporate.ooedoonsen.jp/