「顔が太ってしまう原因とは?1週間で痩せることはできる?」ミス・パリのBeauty Picksにてダイエットに関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

顔周りは、第一印象を決める大きな要素です。顔の大きさが気になって顔痩せに取り組んだ人のなかには、うまくいかず諦めてしまった方もいるのではないでしょうか。

しかし、頑張り次第で、1週間で顔痩せを目指すのも不可能ではありません。今回は、どのようなケアを行うと顔痩せできるのか、詳しく紹介します。

1週間で顔痩せしたいなら、まずは原因を知ろう!

顔が太ってしまう原因を知ることで、顔痩せに向けて適切な対処ができます。考えられる原因をいくつか見てみましょう。

脂肪

食べ過ぎや運動不足が重なると、顔に脂肪がついてしまうことがあります。外食が多く、糖質や脂質が多い食べ物を好んで食べていると、いつの間にか脂肪が増えてしまうかもしれません。運動不足の状態であっても、同じように体全体に脂肪がつく可能性が高まります。

顔周りに脂肪がつくと、頬がふっくらするので顔が大きく見えてしまいます。顎に脂肪がつけば、二重顎と呼ばれる状態になります。また、もともと顔に脂肪がつきやすい体質の人もいるため、注意が必要です。

むくみ

顔に水分が溜まると、水風船のようにパンパンにむくんでしまいます。顔がむくむと、実際よりも顔が大きくなりがちです。さらに、アルコールや塩分を多く摂り過ぎると、水分が体内に溜まるためにむくみが酷くなります。

塩分にふくまれるナトリウムは、水分を体内に溜める性質を持っています。摂り過ぎることで、血管の外に水分が滲みだすと、むくみにつながります。さらに、アルコールを飲んで脱水状態になった体で水分を摂ると、むくみが増してしまうのです。

脂肪かむくみか、どちらが原因なのかを見分けるには、午前・午後それぞれで顔の状態を確認してみましょう。午前中よりも午後の方が、顔が小さくなっているという場合は、むくみが原因である可能性が考えられます。反対に、午後になっても顔がパンパンである場合は、脂肪がついているのかもしれません。

筋肉の低下

顔には、表情筋という筋肉があります。表情筋は、目や口、鼻などを動かすための大切な筋肉です。通常の生活では、全体の3割ほどしか使っていないと言われており、意識して動かすことが重要です。無表情や咀嚼回数の少なさなどにより、この表情筋が衰えると、フェイスラインの締まりがなくなり、たるみだけでなく顔のシワも目立つようになります。その結果、顔が大きく見えてしまうのです。一人暮らしの方や在宅勤務などで、人と話す機会が減っている方は、特に注意が必要です。

1週間で顔痩せ①顔のトレーニング

短期間で顔痩せを目指したい人は、次に紹介するトレーニングを試してみてください。1週間後には、きっと効果が分かるでしょう。