女性社会人向け「妊活×キャリア」イベントを初開催

不妊治療経験者が登壇し、いつかの妊活のために知っておいてほしいこと、不妊治療の実際についてオンラインセミナーを開催します。

株式会社Strobolights(代表:羽田啓一郎)は、気軽に、日常的に、第三者と行う個人起点の若手社会人向けキャリア支援サービス「街角キャリアメンテナンス」のベータ版を8月から開始し、参加者100人のうち95%がキャリアに悩む女性であったことから、若手女性社会人むけの妊活とキャリアをテーマにした無料オンラインイベントを初開催します。

日本国内にて不妊治療・検査を受けたことがあるカップルは5.5組に1組、不妊に悩んだことがあるカップルは3組に1組

国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査」(2015年6月)によると、国内にて不妊治療・検査を受けたことがあるカップルは5.5組に1組、不妊に悩んだことがあるカップルは3組に1組みと言われ、決して少ない数ではありません。
今年の4月より不妊治療が保険適用となり、ニュースなどでも不妊や不妊治療という言葉を耳にすることが増えました。それでも、「不妊」という状況は、その立場にならない限り、自分とは別の世界で起きているという認識になりがちではないでしょうか。

年齢と妊娠との関係や、不妊治療と仕事との両立について今から知っておくことは、自身のライフプランと照らし合わせながら心構えを持って納得感のある選択をしていく力になるはずです。

「妊活×キャリア」イベント概要

日時:10月16日(日)13:00〜14:30
場所:オンライン(zoomを使用いたします)
参加費:無料
コンテンツ:不妊治療経験者の講義形式。参加者のみなさまからの質疑応答も実施いたします。
備考:カメラオフ、ニックネーム参加推奨

登壇者

庄司 峰子
人材総合サービス会社にて、人材派遣の営業・コーディネーター、企業の新卒採用に関する営業・営業推進業務等に従事。32歳のときにスタートした不妊治療と仕事の両立に限界を感じ、37歳で退職。その後、挙児。国家資格キャリアコンサルタント、CDA資格保有。また、NPO法人Fine認定不妊ピア・カウンセラーとして、不妊当事者への心のケア・仕事との両立支援をスタート。

街角キャリアメンテナンスとは

街角キャリアメンテナンスは、コーチングとキャリアカウンセリングの手法を用いて、キャリアや人生のモヤモヤ・悩みを言語化し、進みたい道を確認しながら整えていくカウンセリングサービスです。
キャリア=仕事に限定せず、さまざまなライフイベントと向き合うときにも、価値観を大切にした納得感のある選択ができるようサポートを行っています。