小樽市場マニアの間で流行の兆し!?【新色のお知らせ】小樽の市場の必須ファッションアイテム『市場TOTE』

市場のある小樽が好き。市場TOTEでお買い物

さあ、みんなで市場へ、出かけよう。

小樽には今、中央市場、中央卸売市場、三角市場、鱗友市場、南樽市場、新南樽市場という6つの市場があります。ここ数年で入船市場、手宮市場、妙見市場と立て続けに姿を消してしまいました。小樽にはいつまでも市場文化が残って欲しいと願い、1945年創業のテント工場「株式会社ササキ」の長年培った縫製技術と小樽百貨UNGA↑の市場への想いが一つになり、「ICHIBA TOTE」が完成しました。テントなどの屋外施工に使う丈夫なターポリン生地を使った「ICHIBA TOTE」を片手に、さあ市場へ出かけよう!

【株式会社ササキ】
1945年創業の『株式会社ササキ』。終戦の年に佐々木陸兵衛が小樽の地で「佐々木縫製所」の看板を揚げ、帆布を主とした縫製業を創業。時代とともに素材、設備、環境など目まぐるしく変わる中、職人としての気質と技術は、今も変わらず受け継がれているテント工場です。

コラム「FMおたる たぐちともこの ICHIBA SANPO」配信中!

FMおたるパーソナリティ田口智子さんが、小樽百貨UNGA↑と株式会社ササキのオリジナルコラボレーションバッグ「ICHIBA TOTE」を片手に、小樽の「市場」の魅力をたっぷりお届けするオンラインコラムも配信中です。

小樽百貨UNGA↑

北海道初の営業倉庫として使われた歴史的建造物の旧小樽倉庫本庫に、2019(令和元)年12月18日オープン。海運の街小樽から開運を願い、今なお小樽に遺る歴史や文化を載せたオリジナル商品が約100種類。地元のクラフト作家作品が約50種類。併せてかつての北前船の寄港地のセレクトした良品を取り扱う。1階が店舗で、2階はアートギャラリー。