近畿大学経営学部の女子学生がモテる男性用コートをプロデュース 素材から縫製に至るまで日本製にこだわった逸品

学生が開発した男性用スプリングコート「モテコート」
学生が開発した男性用スプリングコート「モテコート」

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)キャリア・マネジメント学科教授 文能 照之ゼミの学生が、洋服・服飾小物の販売や輸入を行う有限会社日本極東貿易(大阪市中央区)と共同で、女子学生目線でデザインした男性用スプリングコート「モテコート」を開発しました。令和4年(2022年)1月17日(月)から、新しいものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて限定販売します。

【本件のポイント】
●「サイズ感」「清潔感」「バランス」を考慮した男性用スプリングコートを女子学生が開発
●デザインや着心地など細部までこだわり、誰が着用してもおしゃれになるように工夫
●学生はマーケット調査から販売までのすべてを経験し、商品の成り立ちを実学で学ぶ

【本件の内容】
近畿大学経営学部の文能ゼミでは、令和3年度(2021年度)から有限会社日本極東貿易と共同で、アフターコロナの外出時に気分をあげるお洒落な洋服の開発に取り組んできました。
今回、男性に着用してほしいコートについて10~20代の100人にアンケート調査を行ったところ、「サイズ感」「清潔感」「バランス」の3つのポイントが重要であるという結果が出ました。そこで、これらのポイントを取り入れ、3年生の女子学生3人(原 杏奈、北口 日向子、平野 千夏)が中心となって、モテるコートをデザインしました。
誰が着用してもおしゃれなサイズ感になるように袖の長さを自由に調整できるようにし、シワや毛玉ができにくい高品質の日本製生地を使用。裏地には抗菌素材を用いることで清潔感を保てるようにしました。縫製も国内の工場で行っており、日本製にこだわっています。また、様々なシーンに合うように、シンプルかつ流行のデザインで全体のバランスを取る工夫をして、どんな男性にも似合う「モテコート」が完成しました。
学生はマーケット調査から商品開発、販売までのすべてを体験することで、商品の成り立ちを実学で学びます。

【販売概要】
商品名 :現役女子大生3人による本気のモテコート!
販売期間:令和4年(2022年)1月17日(月)18:30~2月28日(月)
販売方法:Makuakeのサイトで販売
     https://www.makuake.com/project/kindai_coat/
価  格:32,780円(税込)
カラー :ベージュ、ブラック
サイズ :フリーサイズ
お問合せ:有限会社日本極東貿易 TEL(06)6940-0789

【有限会社日本極東貿易】
所在地 :大阪市中央区森ノ宮中央2-12-8
代表者 :代表取締役 竹内 登
事業内容:セレクトショップとして衣類・服飾小物の販売、
     輸入品および中古品の販売
創業年 :明治29年(1896年)(ロシア ハバロフスクにて創業)
従業員 :8人(アルバイト含む)
ホームページ:https://boctok.jp

【関連リンク】
経営学部 キャリア・マネジメント学科 教授 文能 照之(ブンノウ テルユキ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/103-bunnou-teruyuki.html

経営学部
https://www.kindai.ac.jp/business/