ブロードウェイミュージカル『シカゴ』キャストコメント到着! 11/23(金)特別番組の放送も決定。

来たる12月14日(水)から3年ぶりの来日公演を上演するブロードウェイミュージカル『シカゴ』主要キャストである3名のコメントを公式ホームページにて公開いたしました。

そして11/23(水・祝)には長年愛され続けるメガヒットミュージカルの知られざる魅力に迫る特別番組を放送いたします。」

25年のロングランを続けるメガヒットミュージカル『シカゴ』

NY・ブロードウェイ(BW)のリバイバル版初演から25年を迎え、アメリカ作品として歴代1位のロングラン、世界36か国・500 都市以上で上演されているメガヒット・ミュージカル『シカゴ』。

1920年代のシカゴを舞台に、実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーは、奇しくも人々の共感を生み「オール・ザット・ジャズ」など、名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーでスタイリッシュな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、今もなお世界中の観客を魅了しています。

「エキサイティングで爽快なステージをお届けします」

今回コメントを届けてくれたのは、ロキシー・ハート役のサラ・ソータート、ヴェルマ・ケリー役のソフィー・カルメン=ジョーンズ、 ビリー・フリン役のキャヴィン・コーンウォール。
サラは「エキサイティングで爽快なステージをお届けします」と話し、「シカゴのミュージカルナンバーが大好き!」と笑顔を見せるソフィーは初めての来日を楽しみにしている様子。そしてビリー・フリン役のキャヴィンは「Is everybody here? Is everybody ready? Hit it!」と劇中でビリーの見せ場となる“All I Care About”の1場面を披露して登場。長年ビリーを演じ、2003年の日本公演にも出演しているキャビンは深みのある低音ボイスでビリー役の魅力を語り、コメントを聞いているだけでも彼の登場シーンが待ち遠しくなるほど。

コメントはこちらから>>>https://chicagothemusical.jp/blog/2022/11/21/3576/

今回コメントを寄せた3名以外にも実力波メンバーが集結する今回の来日公演。
開幕まで1ヶ月を切り、11月23日(水・祝)にはTBSテレビにて特別番組の放送も決定しています。
ブロードウェイミュージカルの代名詞とも言われ、四半世紀もの間、色褪せることなく人々を魅了している「シカゴ」。この2年間、抑制されていたブロードウェイ作品を存分にご堪能ください。

11/23(水•祝)25:28〜特別番組の放送が決定!

<特別番組概要>

番組タイトル: 超セクシーでスキャンダラス!ミュージカルCHICAGOって?
放送日時: 2022年11月23日(水・祝)深夜25時28分~57分放送予定
放送局: TBSテレビ ※関東ローカル

過去の名シーンはもちろん、こだわり抜いたシンプルな衣装やセットの狙い、そして実話を元にしたサクセスストーリーのモデルとは!?
なぜ『シカゴ』はここまで世界中で愛され続けるのか、これまでに出演してきた世界的トップスターたちのセクシーなダンスや美しい歌声とともに作品の知られざる魅力に迫ります。

<公演概要>

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』

日程:2022年12月14日(水)〜31日(土)

会場:東京国際フォーラム ホールC(有楽町、東京)

料金(全席指定・税込):S席 15,000円 A席11,000円 B席 9,000円

*11月27日までペア割チケットを特別販売中!詳細は公式HPをご確認ください。

出演:サラ・ソータート、ソフィー・カルメン=ジョーンズ、キャヴィン・コーンウォール
   他、CHICAGOオールスターズカンパニー

※出演を予定していた米倉涼子はドクターストップにより降板となりました。詳細は公式ホームページをご確認ください。

【作詞】フレッド・エッブ 【作曲】ジョン・カンダー 

【脚本】フレッド・エッブ & ボブ・フォッシー 

【初演版演出•振付】 ボブ・フォッシー 

【オリジナルNYプロダクション演出】ウォルター・ボビー

【オリジナルNYプロダクション振付】 アン・ラインキング

*生演奏、英語上演、日本語字幕あり

主催:TBS/キョードー東京  後援:BS-TBS / J-WAVE 企画制作:TBS/キョードー東京 
招聘:キョードー東京 協賛:三菱地所

お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00-18:00/土日祝10:00-18:00)

公式ホームページ:https://chicagothemusical.jp/