鳥取市での谷口ジロー原画展「彩り、描く 谷口ジローの世界3」開催決定

鳥取県出身の漫画家・谷口ジロー氏の原画展を今年もふるさと鳥取市で開催します。今回のテーマは「色彩」。彩り鮮やかな原画の数々を展示します。

1 原画展名称  「彩り、描く 谷口ジローの世界3」
2 テーマ    色彩のある原画
3 開催期間   令和3年11月27日(土)~12月26日(日)
4 開催会場   ギャラリー鳥たちのいえ(鳥取市本町1丁目201 ミュトスビル)
5 展示概要のご紹介
2000年代以降、谷口ジロー氏は全ページカラーの作品を発表します。『千年の翼、百年の夢』、『わたしの一年』、『ヴェネツィア』などで、いずれも海外の版元からの依頼で制作されました。同じ頃、『「坊っちゃん」の時代』、『魔法の山』のCG彩色によるカラー版が刊行されます。
色彩で描くことへの関心は若い頃から高かった谷口ジロー氏ですが、表紙やカバー、一部のページのみでなく、全ページカラーによる作品制作が可能になる環境が整ってきたのです。未完に終わった最後の作品『光年の森』も全ページ水彩で描かれたものでした。
今回はアシスタント・修業時代の私家版本『ぐじゃままにたら』から晩年の作品まで、およそ30点の原画を展示します。アクリル絵具、グヮッシュ、透明水彩を駆使した手作りの色彩ハーモニーをお楽しみください。
*『わたしの一年』、『魔法の山』は日本未刊。
*『光年の森』は未完のままフランスで、後に日本ほか各国で刊行されます。
6 観覧料 無料

7 谷口ジロー氏のプロフィール
1947 年~ 2017 年。 18 歳まで鳥取で過ごす。その作品はヨーロッパ、アメリカ、アジア等で広く翻訳・出版され、内外の多くの漫画賞を受賞し、高く評価されている。また、『遥かな町へ』『歩くひと』『晴れゆく空』『孤独のグルメ』『神々の山嶺』『事件屋稼業』等、映画化、テレビ・ドラマ化、舞台化された作品も少なくない。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
鳥取県 交流人口拡大本部 観光交流局まんが王国官房 担当:野村
TEL:0857-26-7801 FAX:0857-26-8307 Email:nomura-y@pref.tottori.lg.jp