小売業におけるビッグデータの市場規模は2030年に267億9,900万米ドルに達する見込み--最新予測

小売業におけるビッグデータの世界市場は、2022年から2030年までの予測期間において、複合年間成長率24.1%で成長し、2030年には26,799百万米ドルになると予測されます。

小売業におけるビッグデータ解析は、顧客の購買履歴に応じた推奨商品の開発を支援します。このように、パーソナライズされたショッピング体験を提供することができます。

市場に影響を与える要因

パーソナライズされた顧客体験を提供するニーズの高まりが、主に小売市場におけるビッグデータの成長を後押ししています。さらに、ビッグデータ解析は、小売業者が消費者エンゲージメントを促進し、消費者の需要に応じて行動するのに役立ちます。その結果、調査期間中、小売業におけるビッグデータ市場の成長を促進するでしょう。

業界関係者による革新的な戦略も、小売業におけるビッグデータ市場を前進させるでしょう。例えば、モンブランはRetailNextと共同で、オフラインの小売スペースにビデオ解析を導入することを目的としたプロジェクトを完了させました。

小売組織は、小売ソフトウェアにおけるビッグデータ分析によって、顧客とのインタラクションを改善することができ、大きな利益を得ることができます。さらに、アマゾンやフェデックスなどの企業も10年以上前からデータ分析を利用しており、小売市場におけるビッグデータの可能性を物語っています。

地域別分析

アジア太平洋地域の小売業におけるビッグデータ分析市場は、同技術の利点に関する認知度の上昇により、最も高いシェアを占めると予想されます。それ以外にも、4G接続を含む高速インターネット接続の普及やスマートフォンの普及率の上昇が、市場の成長を後押しすると予測されます。eコマース・プラットフォームのユーザー数の増加や消費者の購買パターンの変化は、小売業におけるビッグデータ分析市場に好影響を与えるでしょう。また、これらの技術により、モバイルおよびインターネットネットワーク上でやり取りされるデータ量が増加し、企業は顧客とのやり取りについて膨大な量のデータを収集できるようになりました。

競合他社の分析

SAP SE
SASインスティテュート
マイクロストラテジー社
アルテリクス
IBM
マイクロソフト
オラクル株式会社
Qlik Technologies Inc.
リテールネクスト
テラデータ
その他の有力企業

市場セグメント

コンポーネント別の見通し。(ソフトウェア、サービス)

デプロイメント別の展望。(オンプレミス、クラウド)

組織規模別の展望。(大企業、中小企業)

アプリケーション別の展望 (セールス&マーケティング分析、サプライチェーン・オペレーション・マネジメント、マーチャンダイジング分析、カスタマー分析、その他)

地域別(北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカ)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol1217

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/