メキシコペソ/円の特徴と今後の見通しは?人気のFX高金利通貨で大損しないために

メキシコペソ/円の特徴。大損せず成功するための基本知識

メキシコペソはただ買うだけで毎日収入が入る高金利通貨として人気です。

ただしっかりと特徴を知っていないと思わぬ大損をしてしまう可能性もあります。

メキシコペソの特徴を学んでしっかりと利益を確保していきましょう!

特徴① スワップポイントが高い

メキシコペソはメキシコの通貨で、トルコリラや南アフリカランドと並び政策金利が高く、スワップポイントによる運用を行うトレーダーに人気があります。

政策金利が高い理由は、新興国であるため経済や政治などリスクを抱えているメキシコが、自国通貨の価値向上のためにあえて政策金利を高く設定していることからです。

メキシコペソの金利は、2019年は半年以上にわたって8%を超えていましたが、2020年は4.25%まで下落してしまいました。

しかし、日本は2016年頃から「-0.1%」という低金利が続いていることを考えるとメキシコペソの金利水準の高さがわかります。

メキシコペソと日本円の金利差が大きく、その分スワップポイントも大きくなるため、トレーダーにとっては非常に魅力的な通貨ペアと言えますが、高いスワップポイントを狙ってメキシコペソを運用しようと考えている人は事前にメキシコペソが抱えているリスクも把握しましょう。

特徴② 通貨の中では比較的安定している

一般的にメキシコのような新興国の通貨は金利が高いというメリットがある一方、新興国であるがゆえに政治や経済などが不安定というデメリットもあります。

メキシコペソも例外ではなく、「メキシコ通貨危機」などメキシコ経済への影響などによって、過去に相場の大きな変動を経験していますが、高金利の新興国通貨の中では、メキシコペソの動きは比較的安定していて、リスクが低いことから人気があります。

特徴③ アメリカ経済の影響を受けやすい

メキシコは、アメリカの政治や経済の影響を強く受けてしまいます。

アメリカに隣接していることも理由の一つの理由ですが、メキシコにとってアメリカは最大の輸出国であり、1994年のNAFTA (北米自由貿易協定)によって両国が経済的に強く結びついていることが大きいです。

また、アメリカとの関係によってメキシコペソが下落するなどメキシコペソが大きく揺らいでいでしまいました。

メキシコペソを取引する場合は、常にアメリカの動向に気を配っておかなければなりません。

特徴④ 原油価格の影響を受けやすい

メキシコは、産出量世界1位の銀をはじめ、世界有数の原油輸出国で原油はメキシコ経済を支える重要な輸出品であることから、メキシコペソは原油価格の変動にも影響を受けてしまいます。

原油価格の変動を確認するためには、WTI原油先物価格を確認するとよいです。

WTI原油先物価格は国際原油価格の指標であり、メキシコペソを売買する際はこの指標の動向が非常に重要となります。

★メキシコペソ関連特集

今後のメキシコペソ/円の見通しは?

価格を一時、4円台まで下落させたメキシコペソですが、近年一気に価格を戻しました。

メキシコとの不法移民問題や追加関税問題は、当分話が進まないものとみられ、現在は5円台で推移をしています。

大統領が変わったことで、強硬策をとらなくなるのではないかという予測が飛び交っています。

今後もアメリカの施策次第でメキシコの景気も回復し、メキシコペソが上昇していく可能性も高くなるのではないでしょうか。

もともと、メキシコペソは新興国通貨のなかでも安定性が高いので、よほど大きなアクシデントがない限り、そのまま6円前後の推移で落ち着く可能性が高くなるでしょう。

2019年から断続的に利下げが行われていることで、今後も追加利下げが行われていく可能性は十分にありますが、その金利は新興国通貨のなかでもいまだに高いままなので、スワップポイントを期待する長期保有がおすすめです。

長期投資をするにはかなりやりやすい相場になってきていると言えますが、価格はこれよりさらに下落する可能性もあるのでタイミングを見極めて購入しましょう。

メキシコのマクロ的な見通しについては悲観的な見方をしていますが、メキシコペソの見通しについては非常に支持できる金融スタンスであり、当面の間はベンチマークレートが現在の4.25%の水準またはそれに近い水準を維持する見通しであることから、メキシコ通貨のパフォーマンスは今年も引き続き好調なものとなりそうです。

メキシコペソ/円 ( MXN/JPY )は、2021年前半に高値を更新し、 スワップポイントを中心としたトレーダーが好む通貨ペアの一つとなりそうです。

メキシコペソ取引が出来るFX会社は?

くりっく365を利用すれば他のFX会社でもメキシコペソ取引OK

くりっく365とは東京金融取引所が運営する日本で初の公的なFX取引所です。

複数の金融機関が提示したレートの中から最もユーザーに有利なレートで取引できます。

透明性が高い仕組みなのでユーザーも安心して取引ができます。

またくりっく365にFX会社が参加するには厳しい審査があり、そこをクリアしているFX会社を選ぶのは信頼性の意味でも良い選択と言えます。

くりっく365について詳しく特集

著者情報

著者:松沢美沙

2015年3月より「はなまるFX」のサイト立ち上げスタート。
現在は運営・管理を行っています。
その他、「ガッツリFX」や「超入門FXブログ」など他のFXサイトの監修も行っています。