オンラインプログラミング教室ITeens Labは保護者用アプリの試験運用を開始しました。

オンラインプログラミング教室ITeens Labは会員の保護者向けアプリの試験運用を開始しました。ゼミへの参加意欲や作業の進捗状態などを毎週見ることが可能となりました。また、振替や休みの手続き等も可能になるため、保護者がより安心してITeens Labに関れるようになると考えています。

オンラインプログラミング教室ITeens Labは、2022年2月から保護者専用アプリの試験運用を開始しました。
2021年7月にノーコードWEBアプリ開発ツール「bubble」での開発に着手し、2021年11月にα版リリース、2022年2月から試験運用にステージを進めました。
2022年8月の本格運用を目指します。

このアプリは、ゼミへの参加意欲や作業の進捗などの生徒の様子確認のほかに、ゼミの振替や休みの手続き、教室からのお知らせの入手が可能です。

これまで、保護者が生徒のゼミでの様子を知るタイミングは4カ月に1度のレポートカード、振替や休みの手続き、お知らせはLINEなど複数のシステムを使用していました。
しかし、今回アプリを開発したことにより、毎週ゼミでの様子が分かるうえに各種連絡も同じシステムで行うことが可能となりました。

実際に使用している保護者の声

・毎週進捗具合など確認出来るので安心。
・どんなことを行ったのか気になるのでゼミ終わり保護者も楽しみに待っている。
・保護者への一言欄がとても良い。その話題で親子でのコミュニケーションも生まれている

今後は保護者向けの機能に加え、ITeens Labの基幹業務システムとしての位置づけを目指しスタッフシフトや給与計算、生徒の情報カルテ(所属クラス、プロフィール情報、出席情報)などスタッフの業務効率化機能の拡充も行う予定となっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、中小企業は様々な理由から大手企業のそれから遅れをとってしまっています。
プログラミング教室を運営するITeens Labは、自ら開発を行うことで中小企業でもDXが実現可能であることを広めたいと考えアプリの開発を行いました。
業務効率化が指導の質の向上、ITeens Labと保護者の連携強化に繋がると考えております。
今後も必要に応じた細かいアップデートにも迅速に対応し、サービスの質の向上を目指します。

オンラインプログラミング教室ITeens Labとは

福岡県のオンラインプラグラミング教室。2020年より全面オンラインでの運営に切り替え、現在は日本国内だけでなく、海外の受講生も在籍。
プログラミングだけでなく、ITリテラシーを高めることを理念に14個のクラスを開講中。