幕末の世、何もかも失った男が蝦夷で新たな人生を切り開く! 歴史小説『羆撃ちのサムライ』が発売

<三河雑兵心得シリーズ>15万部突破の話題の小説家・井原忠政の最新作。コミカライズも決定!

井原忠政氏の最新作『羆撃ちのサムライ』が、7月6日河出書房新社より刊行されました。リイド社「コミック乱」にてコミカライズも決定しています。

井原忠政氏は、脚本家の登竜門である城戸賞で入選し、脚本家としてデビューします。その後、脚本家として培ったキャラクター描写力を活かしながら、時代小説を執筆し始めます。

『羆撃ちのサムライ』では、主人公の八郎太がクマと戦いながら人生を再生していく様子を、井原氏らしくエンターテインメント性あふれる調子で描いていきます。歴史小説でありながらも、堅苦しくなく、テンポの良い展開に、物語の世界に引き込まれていきます。幕末の蝦夷にタイムスリップし、八郎太の葛藤と克服の日々を感じてみませんか。

井原氏の代表作「三河雑兵心得シリーズ」(双葉社)では、主人公の茂兵衛を応援する読者が続出しましたが、『羆撃ちのサムライ』でも、また新たな個性のキャラクター八郎太の生き様を見守りたくなること必至です。混沌とした情勢の中で、生きる力が問われる今の時代だからこそ、主人公の悪戦苦闘ぶりに勇気づけられます。

■あらすじ
時は幕末。箱館戦争で敗れ、傷を負いつつも蝦夷の深い森へ逃げ延びた八郎太。だが、そこには――。全てを失った男が、厳しい未開の大地で羆撃ちとなり、人として再生していく本格歴史小説。

■著者略歴
井原忠政(いはら・ただまさ)
神奈川県鎌倉市在住。会社勤務を経て、執筆活動に入る。波乱の時代に翻弄されながらも、逞しく生きる人々の姿をユーモアと哀感を交えて巧みに描く。著書に『三河雑兵心得 足軽仁義』(双葉社)などがある。「三河雑兵心得シリーズ」は、時代小説専門サイト「時代小説SHOW」で2020年第1位となった。