茂木健一郎校長 就任後初の卒業式

令和3年度卒業式 屋久島おおぞら高等学校

広域通信制・屋久島おおぞら高等学校(屋久島町平内)は2022年3月25日(金)に令和3年度卒業式を行います。2021年4月1日に脳科学者 茂木 健一郎氏が校長に就任し、今回が初の卒業式となります。本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため密を避け、午前の部・午後の部に分けての開催となります。

世界自然遺産屋久島にある屋久島おおぞら高等学校は2005年4月広域通信制高校として鹿児島県屋久島町に開校。9,000名を超える生徒たちが全国各地に在籍し、年1回のスクーリングで屋久島を訪れています。この度、脳科学者 茂木健一郎氏が校長に就任後初の卒業式を迎えます。2021年度は「みらいの幸せと個性」をテーマに、茂木校長による全国の生徒へ向けた白熱授業が全6回開催されました。個性とは何か?自由とは何か?生徒たちが生きた学びを得る授業となりました。

茂木健一郎校長
茂木健一郎校長
生徒代表挨拶
生徒代表挨拶

「つながる場所、つなげる場所。なりたい大人になるために。®」を理念に掲げる当校の生徒は、年に一度スクーリングで屋久島へ訪れます。大自然を五感で感じ、不自由な環境の中で人とつながる、短くも充実した時間です。全国の仲間とともに成長した屋久島は、生徒たちにとって特別な場所でもあります。これから夢や目標に向かって旅立ちの日を迎える、この門出の日を思い出深い屋久島にて実施いたします。

卒業式概要

とき 令和4年3月25日(金) 午前の部 9時開式、午後の部 13時30分開式(受付 各30分前)
内容 令和3年度 屋久島おおぞら高等学校 卒業式
会場 屋久島おおぞら高等学校
内容 茂木健一郎校長挨拶・卒業生代表挨拶・保護者代表挨拶等
参加  午前 生徒保護者 約40組、午後 生徒保護者 約30組※感染拡大状況により変更有