【休校支援】「CoDMON(コドモン)」 学校向けフリープランが本日から利用可能 保護者連絡機能など、永年無償提供へ

株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う小中学校、高等学校の臨時休校決定を受け、当社が展開するこども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)について、保護者と施設の出欠連絡をはじめとする一部機能の永年無償提供(学校向けフリープラン)が、本日3月5日0時より利用可能になりましたことをお知らせします。

学校関係者専用 お申込み

お申込みは以下のボタンより送信をお願い致します。

▶学校関係者専用 お問合せ

お問合せ、お申込みが多数見込まれるため、メール、フォームにてお問合せください。

お問合せ(「学校向けフリープランについて」とご入力ください)
info_ict@codmon.com
https://www.codmon.com/inquiry/

休校に伴う保護者との連絡強化にお役立てください

<ケース1>先生による家庭訪問を、アプリで代替

先生による家庭訪問を、アプリで代替
先生による家庭訪問を、アプリで代替

児童の状況確認などを目的に、先生が家庭訪問を行うケースが発生していますが、訪問日程調整の手間・先生の移動時間のロス・先生 / 家庭間の感染といった手間やリスクといった問題が懸念されます。コドモンの保護者アプリを使うと、こどもの様子をアプリ経由で学校に報告することができ、学校が状況を正確に把握できるようになります。

<ケース2>学級ごとの感染状況を素早く把握できるようになります

学級ごとの感染状況を素早く把握できるようになります
学級ごとの感染状況を素早く把握できるようになります

保護者はアプリ上から児童の病名や病状を選んで報告するだけで、施設側は電話対応することなく一覧化が可能。日々の報告内容をもとに感染状況を把握でき、具体的対策に時間を使うことが可能に。

<ケース3>宿題の内容を正確に、こまめに家庭に連絡できます

宿題の内容を正確に、こまめに家庭に連絡できます
宿題の内容を正確に、こまめに家庭に連絡できます

今回の急な一斉休校により、宿題の範囲や提出方法などについて保護者が正確に把握することができずに混乱が起きている状況が散見されます。児童による手書きの文章では判読しずらい内容も、保護者アプリへ直接宿題内容を配信することで、混乱を最小限に家庭学習を推進できます。また、写真やPDFなどのファイル添付によって言葉では伝えにくい内容もしっかり伝わるほか、配信後の変更や追加もスムーズに行えます。

<ケース4>時間割の変更や休開校の日程連絡などを臨機応変に連絡できます

時間割の変更や休開校の日程連絡などを臨機応変に連絡できます
時間割の変更や休開校の日程連絡などを臨機応変に連絡できます

時間割の変更や休開校に関する日程連絡など、保護者に迅速に伝えなければならない情報が増えることが予想されます。保護者アプリを使うことで、緊急連絡をすばやく且つ確実に配信することができます。またあらかじめ文章を雛形として登録することで、連絡内容の作成時間を省力化することができるほか、保護者の既読状況も個別に把握でき、未読の保護者に絞って個別に再送することも容易です。
加えて、保護者とのやり取りを学校職員みんなで閲覧できるため、情報の共有ができリスクマネジメントになります。従来におけるメール送信型サービスとの違いとしては、メールアドレスの管理が不要であること、災害時などのメールサーバー混雑時においても、送達率が高いということなどがあげられます。

コドモンのセキュリティ対策について

大切な保護者や児童の個人情報を始めとした機密情報を守るために、コドモンが実施しているセキュリティ対策についてご紹介します。

1.暗号化による安心のデータ通信

コドモンでは個人情報の登録や送受信をする際、SSL(Secure Socket Layer)を利用。このSSLにより、ウェブサイト(WEBサーバー)からの発信データ改ざんの防止や、ユーザー(ブラウザ)の入力・送信データの暗号化による内容の保護を実現しています。

2.権限・ロールによる職員ごとのアクセス権設定

コドモンには生徒や保護者の個人情報をはじめ、さまざまなデータや情報が登録されます。これらを全ての職員が閲覧可能な場合、全職員に公開できる情報しか登録できず、情報共有として不十分です。 情報共有を円滑に行うために、コドモンではアクセス権を設定し、役職によりそれぞれに閲覧・編集できるデータ項目に制限をかけることが可能です。

3.外部アクセスを遮断するIPアドレス制限

コドモンはインターネットに繋がる環境さえあれば、どこからでも利用できるという特徴があります。この利便性の反面、セキュリティ面で不安を感じるお客様がいらっしゃいます。コドモンでは、利用者が接続できるIPアドレスを制限できます。固定IPアドレスを取得していることが前提となりますが、この機能を利用することで、職員の個人携帯 / PCや、外部の情報端末からの利用を防ぎ、園の中など特定の場所からしかコドモンを利用できないよう制限することができます。(ご希望の際は有償プランをお申込みください。)

4.国内のデータセンターで安全に管理

コドモンは世界で最も信頼性の高いAmazon Web Services(以降AWS)を採用しています。AWSは多くの第三者認証を取得しており、データセンターとして信頼度の高い環境です。また、コドモンでは万が一のデータ破損・消失時のリスクを防ぐため、1日に複数回サーバー上の全てのデータをバックアップし安全に保管しております。

無償提供の経緯や機能詳細など

コドモン画面イメージ
コドモン画面イメージ

【株式会社コドモン 会社概要】

◆所在地:東京都港区三田3丁目1−4 Net1.三田ビル4F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆事業内容:幼保施設や学校業務支援システムの開発・提供。2020年3月時点で、全国約4,900施設で導入。

<<お問い合わせ・ご質問等>> 

株式会社コドモン
広報担当 上砂(かみさご)
binva@codmon.co.jp
070-5594-4554

press@codmon.co.jp
TEL: 03-6459-4318
FAX: 050-3737-7471