山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋の特徴とは?

地方都市における賃貸業界では、空室率が深刻化となっています。
特に競争力が低下している「築年数が経過した」物件では、家賃値下げ競争が一向に止まる気配がなく、また家賃を値下げしたからと言って、すぐに決まるような時代ではないことから、近年では築年数が経過した物件を「リノベーション」する動きが活発となっています。

当物件がある山梨県は「日本一空き家率」が多い県で、賃貸単体においても約3割は空室であると言われています。
山梨県においても、近年リノベーションを行う物件が増えてきて、当物件も1993年築ということもあるので、積極的にリノベーションを行っていますが、ただお部屋を探されている方にとって、リノベーション物件は「どこも同じ」と思っていませんか?

当物件が手掛けるリノベーションは、他社が行っているようなリノベーションとは一線を画すものであり、当物件では「入居後の暮らしがイメージできる部屋作り」を心がけていることから、お部屋見学時においても、暮らし方のご提案ができる点においては、他社とは全く異なります。



1.おうちカフェがいつでもできる

新型コロナウイルスの影響によって、おうち時間が長くなってしまっていますが、おうち時間が長くなってしまうと、だらけた生活となってしまい、惰性的な暮らしになってしまいがちになります。

そんな時には「おうちカフェ」をすることによって、惰性的な考えをリフレッシュすることができますが、ただ賃貸物件では「原状回復義務」が発生するので、ご入居者様自身が「プチDIY」をするのはちょっと抵抗があるように思われます。
当物件においては「ナチュラルテイスト」に特化したリノベーションを行っているので、室内には無垢材を使用したおしゃれなナチュラルキッチンを始め、温かみを感じられる漆喰、そしてダウンライト&ペンダントライトが設置されていることから、自宅にいながらいつでも気軽に「おうちカフェ」を楽しむことができます。

他社ではリノベーション費用を抑えるため、設備を交換する際既製品を導入しているので、古さは感じられないものの、見た目的に「新築物件を真似している」ような雰囲気となってしまいます。ここが当物件のリノベーションとの大きな違いのひとつです。

2.賃貸特有の悩みを可能な限り解消している

賃貸物件に入居に関する面白いアンケート調査があります。
賃貸物件に入居に関する面白いアンケート調査があります。

2015年にリクシル住宅研究所が調べた所によると、賃貸物件に住む約8割の方は「室内の機能性」に関して不満に感じていて、その内の約3割は引越しを検討していることがわかっています。

また築年数が経過すればするほど「室内の機能性」に対して不満に感じていることがわかっている以上、築年数が経過した物件をリノベーションする部屋であっても、室内の機能性を解消させるような部屋でなければ、ただ単に部屋がおしゃれになっているだけで「生活しづらい」部屋となってしまいますよね。

実はリノベーション物件を手掛けている管理会社などでは、この問題点に関して「対応」しているところはほとんどないので、恐らくではありますが、リノベーション物件であっても「湿度」「断熱」の部分に関しては「やはり築古物件」と言わざるを得ないのが本音。

当物件のリノベーション部屋においては、一部の部屋のみではありますが、LDK・和室・洋室の全ての部屋の壁に、自然素材の漆喰を施工しています。

漆喰を施工することによって、調湿性(夏の多湿/冬の乾燥に対して、吸湿及び放湿をする)や漆喰には保冷保温効果(漆喰は遠赤外線を有しています)があることから、通常の賃貸物件と比べると、暮らしやすくなっているので、ご入居者様からも高い評価を頂いております。


3.浴室もリノベーションしています

他社リノベーション物件を大手賃貸サイト上から見ると、意外と浴室部分に関しては「対応していない」物件が多いです。
浴室を交換するとなると、大掛かりな工事となってしまい、費用の方がかさんでしまう可能性が高くなることから、一部リノベーション物件においては行わない所がありますが、当物件では、上級グレードの部屋のみとなりますが、リノベーションをしっかりと行っているので「古臭さ」は一切感じられないどころか、まるで高級ホテルにあるようなおしゃれな浴室に生まれ変わっています。

いかがだったでしょうか?

リノベーション物件と一言で言っても、当物件が手掛けるリノベーション部屋は、よくあるようなリノベーション部屋とは異なり、温かみや温もりを感じられるような、居心地がいい部屋となっています。
おうち時間が長くなった今、ナチュラルテイストに生まれ変わった部屋で生活することによって、おうち時間が充実するので、きっと満足して頂けるはずです。