マクニカ、眠気や注意散漫の初期兆候をリアルタイムで検出するAI搭載のSmart Eye社製 ドライバーモニタリングシステムを販売開始

~ドライバーの状態や行動を検知し、交通事故ゼロ社会へ貢献~

株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将、以下マクニカ)は、Smart Eye AB.(本社:スウェーデン、CEO:Martin Krantz、以下Smart Eye)が開発した、車両へのアフターマーケット向けドライバーモニタリングシステム「AIS」(Applied AI System)の日本における代理店契約を締結し、販売開始することを本日発表いたします。

昨今、「交通事故ゼロ社会」実現に向けての取り組みが盛んになってきています。国土交通省では、交通安全基本計画*1において、「1.世界一安全な道路交通の実現を目指し、令和7年までに24時間死者数を2,000人以下とする。2.令和7年までに重傷者数を22,000人以下にする。」という目標を掲げており、「交通事故ゼロ社会」の取り組みは加速していくと考えられます。

また、交通事故が起きる原因の上位に、「脇見運転」「漫然運転」があり、高速道路での交通事故が起きる原因の第1位は「前方不注意」と言われています。その中で、国土交通省は「ドライバーの居眠りや脇見を検知するドライバーモニタリングシステム」のガイドライン*2も策定しています。

マクニカで取り扱いを開始するSmart Eyeのドライバーモニタリングシステム「AIS」は、AIベースのモニタリングソフトウェアを搭載した車内カメラで、ドライバーの視線、頭部動き、表情、疲労、注意力などの微妙な変化を分析します。それにより、眠気や注意散漫の初期兆候をリアルタイムで検出することで、迅速にドライバーに通知し、安全運転を促し、危険な状況を未然に防ぐことができます。本システムに使用しているソフトウェアの出荷実績は、現在国内外で100万台を超えています。

■Smart Eye ドライバーモニタリングシステム「AIS」特長
•眠気やあくびを検知したときに音声にて通知します。
•飲食、喫煙、携帯電話の使用などの危険行為を検知します。
•視線追跡が道路に集中していないことを検知すると、注意散漫を音声にて警告します。
•フェイスマスクやサングラスを着用している人など、あらゆる種類の顔を認識します。
•データのプライバシーを確保するために、ドライバーのビデオを録画または保存されません。
•動的セルフキャリブレーションにより、5分以内にインストールできます。
•既存のトラック、バス、自動車に簡単にインストールできる柔軟で消耗性の高いシステムです。

<ドライバーモニタリングシステム「AIS」検出映像>

<ドライバーモニタリングシステム「AIS」製品画像>

マクニカでは、運送会社、物流会社、保険会社などを対象に、Smart Eyeのドライバーモニタリングシステムを販売することで、日本における「交通事故ゼロ社会」実現に貢献していきます。

「今回、マクニカと販売契約を締結できたことを嬉しく思います。危険な運転行為を防止するためのパートナーシップが日本で成功することを期待しています」 と、スマートアイのVice President兼Applied AI System事業ユニット長のMagnus Brunzellは述べています。「マクニカの最先端技術の販売、マーケティング、サポートに関する専門知識により、日本の既存のトラック、バス、自動車へのAISドライバー監視システムの導入を加速し、人命救助に貢献します」。


*1:国土交通省ホームページ 道路交通安全対策
https://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/sesaku/keikaku.html

*2:国土交通省ホームページ ドライバーモニタリングシステムの ガイドライン
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000354.html


【製品情報はこちら】
URL:https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/manufacturers/smarteye/

【製品に関するお問合せ先はこちら】
株式会社マクニカ Smart Eye製品担当
TEL:045-476-2155
E-mail:alt.smarteye.support@macnica.co.jp


※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご承知ください。

Smart Eye AB.について

Smart Eyeは、複雑な環境における人間の行動を理解し、サポートし、予測するテクノロジーであるHuman Insight AIのリーディングプロバイダーです。同社は、安全で持続可能な未来のために、人間と機械の間のギャップを埋めることを使命としています。2021年に買収したAffectivaとiMotionが支援するSmart Eyeのマルチモーダルなソフトウェアとハードウェアソリューションは、人間の行動に関する比類のない洞察を提供します。
自動車分野では、Smart Eyeは道路に対応したドライバー監視システムと、道路の安全性とモビリティ体験を向上させる次世代のインテリアセンシングソリューションを提供します。20年にわたる自動車業界での経験に基づいて構築されたSmart Eyeの技術は、BMW、Polestar、Geelyを含む世界の主要自動車メーカー20社から229件のデザイン賞を受賞したことで証明されています。Smart Eyeのドライバー・モニタリング・ソフトウェアは、今日すでに100万台以上の自動車に搭載されています。Smart Eyeは1999年に設立され、スウェーデンに本社を置き、米国、英国、ドイツ、デンマーク、エジプト、シンガポール、中国、日本にオフィスを構えています。
詳細については、ウェブサイトwww.smarteye.aiをご覧ください。

株式会社マクニカについて

マクニカは、半導体、サイバーセキュリティをコアとして、最新のテクノロジーをトータルに取り扱う、サービス・ソリューションカンパニーです。世界23か国/地域81拠点で事業を展開、50年以上の歴史の中で培った技術力とグローバルネットワークを活かし、AIやIoT、自動運転など最先端技術の発掘・提案・実装を手掛けています。
マクニカについて:www.macnica.co.jp