悪口ばかり言う人の心理とその末路 誹謗中傷への対応は相談からはじめよう!

悪口ばかり言う人の心理とその末路 誹謗中傷への対応は相談からはじめよう!
悪口ばかり言う人の心理とその末路 誹謗中傷への対応は相談からはじめよう!

世間話をしているとき、その場にいない人の悪口大会がはじまったことはありませんか?

時に悪口は、人間関係を固く結びつけます。悪口に同調してしまったら最後・・・明日は我が身、その場しのぎで「そうだね」などと絶対に言ってはいけません。悪口が好きな人は、あなただけでなくいろいろな人に話しています。まるであなたが中心で言った悪口かのように、嬉々として話しているかもしれません。

最近はSNSで心ない誹謗中傷を目にすることが増えました。ネット上の誹謗中傷は、匿名で顔が見えないため、エスカレートしやすいです。対面と匿名どちらでも、会話には必ず相手がいます。

そこで今回は、2人の作家に話を聞き、人とのコミュニケーションで大切なことを考えながら、誹謗中傷に巻き込まれたときの対応を考えていきます。

● 公開日時:2020年1月28日(火)17:00 ウェブマガジンSOCIO:https://00m.in/QuXOt

▼ 記事概要・ゲスト紹介

会話とは卓球だ!

川合二三男さん(元教師)は、人と会話をするときに大切なことを教えてくれた。『人間関係は、お互いにゆずり合わないと成立しません。どちらか一方が自分の話したいことを話し、相手はその話をよく聞く。そして、聞いた方が自分の考えを話す。その繰り返しが会話です。』

悪口ばかり言う人の末路

悪口ばかり言う人は最終的に孤立する、と川合さんはいう。『会話は相互理解の上に成り立っています。誹謗中傷ばかり言う人は、「自分は正しい、他人は正しくない」と自己中心的な考えなのでしょう。自らを省みるゆとりがないということです。こういう人は、友人ができません。趣味や仕事、ご近所さんなどの人付き合いで、メンバーが変わるたびにその場にいない人の悪口を言います。それを聞いた人たちは、「私も悪口を言われている」と思い、次第に距離を取るようになります。本人が自覚してあらためない限り、だれも教えてくれません。信頼されずに嫌われて、孤立した寂しい人生を送ることになるでしょう。』

川合二三男(かわい・ふみお)

元教師。
『小説 空をさまよって帰る: (電子書籍版) 』の著者。
【略歴】
1930(昭和5)年 群馬県生まれ
旧制前橋中学校(現前橋高等学校)卒業
旧制富山高等学校(現富山大学)文科一年修了(学制改革)
金沢大学法文学部卒業(史学地理学科)
都立高等学校を定年退職

『 小説 空をさまよって帰る: (電子書籍版) 』
『 小説 空をさまよって帰る: (電子書籍版) 』

悪口と誹謗中傷の違いとは?

「誹謗中傷」は1つの言葉として使われがちですが、2つの言葉が合わさっています。

〇誹謗 他人の悪口を言うこと。
〇中傷 根拠のない悪口を言い、他人の名誉を傷つけること。
<出典:大辞林 第三版>

「根拠の有無」と「相手の名誉を傷つけるかどうか」、これが単なる悪口との違いです。銭天牛さん(占星術師)は、根拠もなく被害者面する人には注意が必要だといいます。『残念ながら、誹謗中傷する人のなかには、加害者意識がない人も多くいます。なにか自分にとってマイナスな問題が起きたとき、その原因を他人のせいにする人には要注意です。』

誹謗中傷は犯罪!困ったら法的手段も考えよう

軽い気持ちで言ったこと・書き込んだことでも、相手や周囲のとらえ方によっては大事になります。「自分がどうか」ではなく、「相手がどうか」が重要だからです。誹謗中傷はつぎのような犯罪にあたる場合があります。『私は誹謗中傷する人に対しては完全無視、言いたいだけ言えばよいと考える方ですが、そう思わない人もいますよね。自分1人でなんとかしようとせず、警察や弁護士などの専門家に相談してみましょう。逆恨みされる可能性を考えると怖くもありますが、専門家はそれについての対応策も知っています。』

銭天牛(せん・てんぎゅう)

占星術師。
『あなたの人生を切り開く!銭流最強の手相術』の著者。
【略歴】
昭和癸酉年乙丑月己丑日丙寅の刻,東京・下谷に生る。丙戊年東京世田谷・多聞小学校卒。壬辰年都立西高校卒。戊戌年早稲田大学卒。職歴は煩雑にして記すに値せず。甲辰年六月週刊新潮,同十二月新潮に小説発表。以後,週刊誌ルポ・ライターを主に文筆業を専とす。戊申年乙丑月小学館小説セブン新人賞受賞。著者,天牛名にて『ザ占星術』(海竜社)『銭流姓名判断入門』(土屋書店),『西洋手相術』(ごま書房)ほか。本名・志賀口雄之介

『あなたの人生を切り開く!銭流最強の手相術』
『あなたの人生を切り開く!銭流最強の手相術』

▼ SOCIOについて

SOCIO(ソシオ)は、「あたらしい自分と社会をつくる」をコンセプトにしたウェブマガジンです。毎記事で1つのテーマを取り上げ、各界で活躍する作家が質問にお答えします。社会問題から人生のお悩みまで、さまざまな気になることを作家とともに考えていきます。SOCIOを通して、みなさまが未来について考える機会をお届けしたい。そんな想いで、発信してまいります。
公式HP: https://www.socio22.com/
Twitter: https://twitter.com/SOCIO_sns

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
① 多様性:多様性が求められる社会で、他人の主張を無視しない。
② 気づき:その中にある気づきを育み、自分だけの行動指針を生み出す。
③ 営む:ひとり一人の決断の連鎖で、社会をアップデートする。

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ

▼ 運営会社について

株式会社22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されています。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-12 佐野ビル6F
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja

▼ 最新の記事

子供にとって本当に「いい親」とは?

子供にとって本当に「いい親」とは?
子供にとって本当に「いい親」とは?

記事リンク:https://00m.in/0r3HK

なぜ政治の話はタブーなのか?

なぜ政治の話はタブーなのか?
なぜ政治の話はタブーなのか?

記事リンク:https://00m.in/BpZKa