肌の奥まで届く「Deep紫外線」をカット(*1)するUVシリーズから 高い保湿力が一日中続く(*2)高機能UVクリア美容液誕生 「アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム」新発売

新処方「モイストアップUVシールド」によるみずみずしいつけ心地でうるおい溢れる肌へ

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、肌の奥まで届く最長波紫外線「Deep紫外線」をカット(*1)する「アスタリフト D-UVクリア」シリーズから、高い保湿力が一日中続く(*2)高機能UVクリア美容液「アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム」(SPF50+/PA++++)を2020年3月1日より発売いたします。本製品は、一日中うるおいが続く高い保湿力と、みずみずしく軽やかな伸びの良い付け心地を実現。紫外線を防ぎながら、保湿ケアによって日中の乾燥から肌を守りたい方や、エイジングケア(*3)をしたい方にお勧めです。

◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1494.html?link=atp

発売の背景:
近年、顔用UVケア市場は紫外線ケアへの意識の高まりとともに活性化し、拡大傾向が続いています。これに伴い、高機能なUVケアに注目が集まるとともに、美肌効果、ベースメイク効果など、日焼け止めには多機能性が求められるようになりました。当社は、写真分野で培った紫外線研究の知見を活かし、紫外線ケアを求める女性の多様なニーズに応える高機能UVケアシリーズとして「アスタリフト D-UVクリア」シリーズを2019年3月から展開しています。シリーズ第一弾として発売した、「アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション」は、「Deep紫外線」をカットする(*1)高い紫外線防御効果に加え、日中の美容液効果や下地効果も発揮する多機能性が、美白ケアを求める多くのお客さまにご好評いただいています。

今回当社が、“女性がUVケア製品に求める機能”について調査(*4)したところ、「美白ケア」に次いで、「保湿ケア」のニーズが高く、また、女性の約7割が、季節を問わず日中の肌の乾燥を感じていることがわかりました。そこで、日中の肌の乾燥の原因について研究を進めたところ、朝に数分間浴びる程度のわずかな紫外線(*5)が引き金となって、日中の肌乾燥を引き起こすことを解明しました。そこで当社は、紫外線カット効果に加えて、日中の乾燥という肌悩みもケアできる製品の開発に取り組みました。

新製品の特長:
今回発売する「アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム」は、高い紫外線カット効果に加えて、高い保湿力が一日中続く(*2)高機能UVクリア美容液です。日中の肌の乾燥を引き起こす原因の一つが、朝に数分間浴びる程度の紫外線(*5)によるものという研究結果に着目。植物由来のうるおい成分「スターフルーツエキス」を配合し、日中の乾燥から肌を守ります。また、肌表面にうるおいをしっかりキープしながら紫外線防御成分を均一に並べる「うるおいシールド成分」(*6)を配合した新処方「モイストアップUVシールド」を採用。みずみずしく軽やかで伸びの良いつけ心地で、一日中肌のうるおいが続く高い保湿力と紫外線カット効果をともに実現しました。

さらに、「D-UVクリア」シリーズに共通して活用している、独自の紫外線防御技術「D-UVガード」(*7)を採用。「Deep紫外線」をカットし(*1)、美しく輝く肌を守ります(*1)。優れた赤い美容成分「ナノアスタキサンチン」(*8)、「ナノリコピン」(*9)に加え、紫外線や環境ダメージによる乾燥をケアする「アルテロモナス発酵エキス」(*10)や「オウゴン根エキス」(*10)、「3種のコラーゲン」(*11)も配合。高いスキンケア効果で日中もハリとうるおいに溢れる肌へと導きます。

紫外線に反応してキャップの色が紫色に変わる「UVセンサーキャップ」を採用し、目に見えない紫外線の強さをその場で確認できます。

本製品を含む「アスタリフト D-UVクリア」シリーズは、UVをケアしながら配合している美容成分でスキンケアできるのが特長です。本製品は、保湿やエイジングのケア(*3)をしたい方、従来品の「アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション」は美白ケアをしたい方にお勧めです。

富士フイルムは、これまでに培ったコアテクノロジーを駆使することで、今後もより多くのニーズをとらえた独自性の高い商品をご提供して人々の美容と健康に貢献していきます。

*1 「Deep紫外線」は、長波長UVA-Ⅰ(波長370 ~ 400nm)のこと。「Deep紫外線カット」とは、角層上で肌内部への紫外線到達を防ぐこと。
*2 朝塗布してから夕方洗顔するまで。
*3 保湿による年齢に応じたケアのこと。
*4 2017年11月実施。WEB調査。n=406人。
*5 2J/cm2の紫外線A波(UVA)を想定。2J/㎠は、茨城県つくば市で、6月の晴天の日の朝9時に約8分間で浴びる紫外線に相当(つくば国立環境研究所データをもとに計算)。
*6 保湿成分(C-14-22)アルコール、アルキル(C-12-20)グルコシド。
*7 酸化チタン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線防御剤)を安定的に配合する富士フイルムの独自技術。
*8 ヘマトコッカスプルビアリス油(保湿成分)
*9 トマト果実エキス(保湿成分)。
*10 保湿成分。
*11 保湿成分。アセチルヒドロキシプロリンを含む。
*12 紫外線防御効果を表す指標「SPF値」、「PA値」の値がアスタリフトシリーズ内で最も高いこと。
-----------------------------------------------------------------
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。