デジタルエクスペリエンスプラットフォーム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「デジタルエクスペリエンスプラットフォーム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)」(Mordor Intelligence)の販売を4月23日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/moi1445633-digital-experience-platform-market-share-analysis.html

デジタルエクスペリエンスプラットフォームの市場規模は、2024年に140億8,000万米ドルと推定され、2029年までに265億米ドルに達すると予想されており、予測期間(2024年から2029年)中に13.48%のCAGRで成長します。

優れた顧客インタラクションを提供するために顧客中心の戦略を開発する企業の傾向が高まり、市場の成長を促進すると予想されます。

主なハイライト

さらに、マーケティング担当者によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)の採用の増加により、複数のデジタルデバイスにわたって顧客にリーチし、クロスセルやアップセルを促進できるようになりました。ユーザーはDXPを使用して、さまざまなデジタルチャネルにわたって最適化された統合されたユーザーエクスペリエンスを作成および提供できます。

さらに、顧客の購買行動を収集および分析し、複数のタッチポイントから取得した顧客データを統合して一元的なビューを作成するDXPの能力も、市場の成長を推進する重要な要素です。さらに、AI、ビッグデータ、機械学習(ML)などの新興テクノロジーを組み込むことで、重要なソリューションプロバイダーは複数のアプリケーションにわたってDXをアップグレードできるようになりました。

さらに、組織はDXPを使用して顧客の当面のニーズを理解し、さまざまなデジタルチャネルを通じて関連コンテンツを配信します。さらに、デジタルエクスペリエンスプラットフォームは、クライアントアクティビティの監視、高度な分析機能、既存のフレームワークとのシームレスな統合などの追加の利点を提供します。主要な市場企業は、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ビッグデータ分析などの先進テクノロジーに投資することでデジタルプラットフォームの改善にさらに注力し、市場の成長を推進しています。

しかし、急速に進化するDXPテクノロジー、従来のビジネスプロセスやインフラストラクチャとの統合の問題、顧客志向のマーケティングやコミュニケーション戦略へのアップグレードへの消極性などが、DXP市場の成長を妨げる重大な課題となっています。さらに、DXPの一部として複数のソリューションを管理するための経験豊富な労働力の必要性は、中小企業や新興企業にとって大きな懸念事項です。

COVID-19感染症のパンデミックは、ITとデジタル変革の重要性を実証しており、組織はこの機会を捉えて移行を加速する必要があります。企業はデジタル化が進み、顧客とのやり取りが直接ではなく画面を通じて行われることが増えています。同社の取り組みは市場の成長を促進する可能性が高いです。

デジタルエクスペリエンスプラットフォーム市場動向

市場の成長を促進するクラウド導入

クラウドベースのDXPの迅速な展開機能と物理インフラストラクチャへの投資の削減に対する支持が高まっているため、市場のクラウドベースのセグメントが予測期間中に最も高いCAGRを占めると予想されます。

クラウドサービスには多くの利点があるため、さまざまな企業がクラウドサービスを好みます。たとえば、中小企業(SME)はクラウドモデルを使用しているため、ハードウェアのセットアップや消費電力などの初期ITコストが削減され、必要な物理スペースも少なくなります。大企業はクラウドネットワークで複数のアプリケーションをホストできるため、クラウドサービスのメリットを享受でき、アプリケーション管理が簡素化されます。

クラウド展開モデルは、従量制の機能を含む使用量ベースのサービスモデルを顧客に提供します。さらに、クラウド展開は、サーバーインフラストラクチャを維持する必要がなく、パフォーマンスの高速化、応答性、コラボレーションの向上、俊敏性の向上など、企業に多くの利点をもたらします。

さらに、クラウドベースのDXPにより、企業はラップトップ、スマートフォン、デスクトップコンピューターなどのさまざまなデバイスからプラットフォームにアクセスし、顧客の購買行動、好み、過去の取引に基づいてカスタマイズされたコンテンツを配信できるようになりました。

アジア太平洋は最高の成長を遂げる

クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、分析などの新興テクノロジーの普及により、この地域は予測期間中に最も高い成長を遂げると予想されています。さらに、最先端技術を急速に導入している中国やインドなどの新興経済諸国の存在も、この地域のDXP市場の成長に寄与すると予想されます。

たとえば、Boundless Digital Inventionを可能にするデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)プロバイダーであるOptimizelyは、同社のコンテンツ管理、コマース、およびパーソナライゼーションソリューションがMicrosoft Azureマーケットプレースで利用できるようになったと発表しました。このオンラインストアは、Azureで使用するアプリケーションとサービスを提供します。 Optimizelyの顧客は、合理化された導入と管理により、生産性と信頼性の高いAzureクラウドプラットフォームの恩恵を受けることができます。 Optimizely DXPは、人工知能(AI)を活用した広範なパーソナライゼーション機能と、Azureのスケーラビリティ、信頼性、パフォーマンス、セキュリティのメリットを提供します。

消費者の嗜好の高まりや、インドや中国などの新興諸国でのWebおよびモバイルショッピングアプリケーションの普及により、地域市場で事業を展開する企業はDXPの導入をさらに推進しています。

オンライン小売の急速な成長により、この地域におけるDXPの需要が高まっています。さらに、インド、中国、シンガポール、日本、韓国などの国々における情報技術対応サービス(ITES)およびソフトウェア企業の確立された存在も、DXPのコスト効率の高い導入を促進すると予想されます。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1445633

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています