「でこぼこが気になるセルライトの改善方法と今すぐできるマッサージ」エステティック ミス・パリのBeauty Picksにてダイエットに関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

太ももやお尻などにつくセルライト。できることなら除去したいと思うものの、なかなか取れずに悩んでいるという方は少なくありません。

そこで、「セルライトがつく原因」と「セルライトを改善する方法」についてご紹介します。
セルライトにアプローチするマッサージについても伝授しますので、お役立てください。

でこぼこが気になるセルライトの改善方法と今すぐできるマッサージ

一度ついてしまうと、なかなか消えないセルライト。そもそもセルライトとは何なのか、また、なぜできてしまうのか、理由をみていきましょう。

セルライトとは

セルライトとは、皮下脂肪が塊となったものです。皮下脂肪は、皮下組織に脂肪がついた状態のことですが、セルライトはその皮下脂肪が老廃物や水分などを取り込んで、さらに肥大化したもののことをいいます。

体のなかでも脂肪が多い部位、特に太ももやお尻、腰周りなどにつきやすく、一度つくと落としにくいのが特徴です。セルライトが落ちにくい原因は、肥大化した脂肪の塊をコラーゲン繊維が包み込んで、しっかりとコーティングしてしまうことにあります。

普通の脂肪は運動などによって燃焼するものの、コラーゲン繊維によってコーティングされて固まってしまったセルライトは、運動ではなかなか消費されません。しかも、セルライトがあると血流を妨げるため、ついたセルライトを放っておくと、どんどんと増えてしまう可能性もあります。

見た目は悪いセルライトですが、セルライト自体は医学的には有害なものではなく、正常な状態とみなされます。

脂肪が多い部位につきやすいとはいえ、「肥満だからできるもの」というわけでもなく、痩せ気味の女性でも、太ももやお尻などにセルライトが見られることも少なくありません。

セルライトができてしまう原因

セルライトができてしまう原因としては、複数の要素が考えられます。主な原因を挙げていきますので、当てはまる点がないかチェックしてみましょう。

・食生活の乱れ

脂肪が多い部分にセルライトはつきます。したがって、脂肪がつきやすいような食生活を送っていると、セルライトができやすくなります。

例えば、脂肪分の多い肉や甘いものは、カロリーが高く脂肪がつきやすい食べ物の代表です。また、さまざまな加工食品に含まれている食品添加物は、水分の排出を妨げてセルライトができやすい状態をつくります。

・運動不足

セルライトをつくらないためには、代謝の良い体であることが大切です。運動不足のために筋肉量が減少すると、血液の流れが悪くなるため、むくみやすくなります。代謝も悪くなるため、結果としてセルライトができやすい体になってしまうでしょう。

・ストレス

ストレスも、セルライトをつくる原因となります。ストレスを抱えると、自律神経が乱れるため、血液の流れが悪くなることが多いです。そのため、体内に老廃物が滞りやすくなってしまいます。代謝も低下するため、セルライトができやすい体になってしまうのです。

・加齢

若いうちは代謝が良いのでセルライトができなくても、年を重ねるにつれて筋力が低下するため、代謝も下がってしまいます。結果として、セルライトができてしまうことも少なくありません。

・喫煙

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血液の流れを悪くします。そのため、喫煙もセルライトがつきやすい体になる原因となります。



セルライトを落とすのは簡単なことではありませんが、セルライトを改善するためにできることはあります。私生活において努力できる点をご紹介していきますので、実践してみてください。

私生活からセルライトの改善をするには

今すぐできる!効果的なマッサージ