2022年は犬系ミームコインのバブル再来の兆し

最高上昇率100万倍を上昇させたミームコインの代表格であるSHIBA INUがバブル再来の兆し?

犬系コインとは
犬系コインとは、テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏(以後イーロン氏と言う)が購入したことによりDOGEコインの爆上げを受けて、繁殖されたように現れた犬の名前を付けた仮想通貨の事になります。

SHIBUAYA INU(シブヤイヌ)
とてもユニークな仕組みだ!それはユーザーの実行によって総発行枚数が毎日5%のBurnが実行可能な仕組みなっているのだ!既に40%がユーザーの手によってBurnされた。さらなる大幅なトークンの減少が確実に起こる。シブヤイヌは2021年7月に誕生し、200倍近く上昇し続けており、これから更なる大幅な価格上昇が期待されている。2022年3月26日にメタバースプラットフォームがローンチされたりで、2022年はシブヤイヌは柴イヌの最高上昇率である100万倍に向かうであろうと専門家らは予測している。

シブヤイヌの将来性
SHIBUYA INU(以後、シブヤイヌと言う)は、メタバースユーザーとミームコインユーザーが面白がって投資をする期待が十分にある。熱狂の投資家が大手取引所であるロビンフッドへの上場を求める署名運動を始まりそうで2022年はシブヤイヌへの注目度が高まります。
理由や賛否はともかくとしてシブヤイヌ熱狂ファンのこうした動きが価格を押し上げていくのは確実でしょう。数あるミームコインの中でもメタバース&マイクロペイメントを融合した特性を持っている通貨は存在しないので、2022年はシブヤイヌの独り勝ちのイメージしかありません。

DOGEコイン
DOGE(ドージ)コインは2013年にジョークで柴犬をモチーフにして作成された暗号通貨です。日本で言うMONAコインに似ています。
DOGEコインが2021年に爆上げして注目を集めた原因はDOGEコインのプロジェクトが大きな魅力があったわけではなく、テスラ社のCEOイーロン氏が2021年2月4日”Dogecoin is the people’s crypto “(ドージコインはみんなの暗号通貨だ)とツイートした直後に価格が急激に高騰しました。また、ラッパーのスヌープ・ドッグも参戦し自分の名前をパロディし「Snoop Doge」と題した画像を投稿、キッスのベーシスト、ジーン・シモンズまでDOGEコインについてツイートし、5セント(0.005USD)程度だったDOGEコインの価格は1週間で価格が473%高騰しました。2021年5月8日には過去最高値0.7376USDを記録しています。

DOGEコインの将来性
送金スピードが速く低価格で送金が出来るマイクロペイメント。
他の暗号通貨に比べて送金速度が速いため、少額決済に適しております。実用性が高いことからテスラ―社がDOGEコインでの支払いを受け付けました。これらの特徴から、ミームコインリーダーとして人気は維持すると考えられます。
しかし、発行上限が無いなど価格の安定性の懸念点もある。

SHIBA INU(芝イヌ) トークン
イーロン氏の言動から始まりました。2021年3月15日に「SHIBA INUを買う」とツイッターで投稿し、同じ名前であっただけのSHIBA INU(以後、芝イヌと言う)が高騰し続けた。イーロン氏はDOGEの事をツイッターでつぶやいたつもりが、市場は芝イヌトークンに反応した。DOGEコインまで高騰し、2021年3月15日がイヌ系コイン元日となった。

しかし、イーロン氏は芝イヌを「全く持っていない」と判明し芝イヌは暴落が起きるハプニングもあった。芝イヌはこれだけで暗号通貨のメジャー入りをした。最高で100万倍の上昇し、上場時に1万円分購入していたら100億円になったことになる。まさにドリーミングな話だ!

これらの現象が起こったことによりあらゆる犬の名前が付いたジョークコインであるミームコインが誕生した。ミームコイン=犬の名前のコインと言うことになる。
まさに、DOGEコイン、芝イヌ、SHIBUYA INU(シブヤイヌ)はジョークから生まれたミーム―トークンの暗号通貨なのです。

芝イヌの将来性
芝イヌにはコミュニティも多く大手の取引所に上場していることや時価総額においても上位にランクインするほどの人気を誇り、「Shibaswap」という名称のDEXやNFTマーケットの「ShibaNFT」、さらにアーティストコミュニティとして「Shiba Incubator」というサービスも用意されており、DOGEコインと同一視されていることからしばらく人気は維持すると考えられます。しかし、発行枚数が多すぎることと価格が上昇しすぎた点で今後の上昇に懸念点もある。

ミームトークンとは
ミームとは冗談、ギャグ、ネタ、ふざけたものでユーモラスなネットユーザーによって流行ったスラング言葉。それにちなんだ暗号通貨をミームコインと呼ぶようになった。

ミームコインが今後人気化する可能性
DOGEコイン、芝イヌ等が人気を集めているのは、ミームコインであることが一つの理由であり、ジョークのつもりで生まれた仮想通貨ですが、次第に通貨としての地位を確立し、定着していく流れはDOGEコインが前例として、同じような現象が他のミームコインでも起きつつあります。それがシブヤイヌです。
シブヤイヌが有望なミームコインとして実需が堅調に伸びるとみている投資家が多く、シブヤイヌが2022年のミームコインの大化けする代表格として期待できます。

【2022年以降】シブヤイヌの今後の将来性・見通し
結論から申し上げると、シブヤイヌの見通しはなり将来性は明るいと考えております。ミームコインの代表格であるドージコインや柴イヌのように最初はジョークの一環でしかないと思っていても、次第に市民権を獲得していくというのはシブヤイヌにも考えられる。しかもシブヤイヌには芝イヌやDOGEコインにはないメタバース銘柄でもあり、その他機能も満載ですから、シブヤイヌがミームコインの代表格となっていくことも十分考えられます。シブヤイヌは$1の目標を定めており$1に達成されたら、まさに1000万倍以上の上昇となりとても夢のあるトークンでもある。毎日5%がBurn(燃焼)され発行枚数が日々減少されるので十分に可能性を秘めている。また、既には200倍の上昇を達成しているので沢山のシブヤイヌ長者が誕生することでしょう。

SHIBUYA INUについて
Official site:https://shibuyainu.com
OfficialTwitter:https://twitter.com/SHIBUYAINUTOKEN
Official telegram channel:https://t.me/shibuya_inu
Telegram community:https://t.me/shibuyainu100
Official Instagram:https://www.instagram.com/shibuyainu_token