掲載レシピ数4万超!たった1分で調理工程がわかる、人気のレシピ動画サービス『クラシル』の舞台裏…3/21(日)BACKSTAGE(バックステージ)

3月21日(日)よる11:45放送 『BACKSTAGE』、今回のテーマは「掲載数は4万超!日本最大級『レシピ動画』サービスの舞台裏」

番組の主役は仕事を愛するすべての人!その挑戦から働くこだわりが見えてくる・・・。『BACKSTAGE』はMCの武井壮とともに、ひたむきに働く人の“強い仕事愛”を浮き彫りにしていきます!

今回は、掲載レシピなんと4万以上!たった1分間で調理工程がわかり、“料理初心者にも簡単に作ることができる”と人気のレシピ動画サービス『クラシル』の撮影現場に潜入!そこには、緻密に計算された数々のこだわりが隠されていました。さらに、災害時を想定したレシピ12本の考案に挑むスタッフに密着!締め切りは撮影を含めて1週間後・・・。“電気を使わない”という制約の中で、どんなレシピを完成させたのでしょうか!?

毎月約400本のレシピ動画を制作する『クラシル』。カメラと照明をセッティングしたテーブル15台が用意されたキッチンスタジオで、管理栄養士や調理師など料理に精通した総勢30名の“クラシルシェフ”がそれぞれのブースで調理をし、撮影までこなしています。統括するのはフードラボチームのリーダー田部晴菜さん26歳。クラシルシェフが調理・撮影したものをチェックするほか、自身もレシピを開発して撮影を行っています。

クラシルの特徴といえば、真上から撮影された映像。カメラの設定をはじめ、細かい基準を決めたマニュアルにしたがって撮影していくのですが、実はこのマニュアルを作ったのも田部さん。「調理する食材はわかりやすいように中央に配置」「まな板、フライパン、包丁といった調理器具を全て統一する」など、簡単でわかりやすいレシピ動画をユーザーに届けるためのこだわりがたくさん詰まっています。さらに、正しい分量で美味しく作ってもらえるように“ある親切な工夫”も・・・!

また、2011年に発生した東日本大震災をきっかけにクラシルが誕生した経緯を大切に、毎年3.11の時期には災害時用のレシピを提案し続けてきました。今年のテーマは「缶詰やレトルトなどの備蓄品をメインに、電気を使わないレシピ」。3月11日の発表に間に合わせるため、わずか1週間で災害時を想定した新規レシピ12本の考案から撮影まで終えなければなりません。ユーザーに人気のある缶詰やレトルトを改めて調査しなおし、そのデータをもとに簡単で美味しい料理を生み出す田部さんたちの挑戦に注目です!

さらに、スタジオではMC・武井壮とゲストの高田秋さんが昨年のクラシル人気ナンバー1レシピを当てるクイズも!火を使わずに手軽に作れ、見た目もおしゃれなその料理とは・・・!?
【BACKSTAGE 3/21OA「掲載数は4万超!日本最大級『レシピ動画』サービスの舞台裏」PR動画】

【放送日】2021年3月21日(日)
【時間】よる11:45
【MC】武井壮
【ゲスト】高田秋
【テーマ】掲載数は4万超!日本最大級「レシピ動画」サービスの舞台裏
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/?ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット