世界にたった三碗、国宝・曜変天目の再現に 京都の陶芸作家・土渕善亜貴氏が成功!

株式会社陶あん(所在地:京都府京都市東山区泉涌寺東林町38、代表:土渕善亜貴)は、2019年11月に陶あん本店前にオープンした四代目当主である土渕善亜貴氏の作品を展示した『土渕善亜貴ギャラリー』で、数えきれない試行錯誤と努力の末に技法が謎だった奇跡の器【曜変天目】を再現した作品の展示をスタートします。

曜変天目を手に取って見ることができるのはもちろん、他に類を見ない多彩な作風で知られる彼の作品の数々を展示・販売しています。
公式サイト: http://www.touan.co.jp/jp/store/gallery.html

曜変天目茶碗(土渕善亜貴作)
曜変天目茶碗(土渕善亜貴作)

漆黒に近い濃紺の肌に無数の星のような斑紋が浮かび「小碗の中の大宇宙」とも称される曜変天目茶碗。南宋時代のある時期にのみ中国・建窯で焼かれたものの、現在残存するのは室町時代に日本に渡った三碗のみで、いずれも国宝に指定されています。

曜変天目茶碗(土渕善亜貴作)

その妖艶な美しさは見るものを魅了し、徳川家、前田家から財閥へと所有は移り、現在は美術館などに所蔵されています。作者や技法は謎とされ、多くの陶芸作家が再現に心血を注いできました。そして2018年、創業100年の京焼・清水焼窯元、陶あんの四代目当主である土渕善亜貴氏が、様々な試行錯誤と数え切れぬ試作を経て、鉛などの重金属を使わない独自の技術でその再現に成功。2019年にはその技術の高さと圧倒的な美しさ、完成度の高さに第41回京焼・清水焼展において経済産業大臣賞が送られました。

曜変とは

曜変天目茶碗とは、黒い釉薬の上に大小の星と呼ばれる斑点が浮かび、その周囲に瑠璃色もしくは虹色の光彩が取り巻き、光の当て方によって様々な色合いに変幻自在、多彩な彩りを放つことが条件とされている。現在その条件を満たすのは、静嘉堂文庫美術館、藤田美術館、大徳寺の塔頭龍光院の3つの国宝のみ。

会社概要

名称 :株式会社陶あん
代表者:土渕善亜貴
所在地:京都府京都市東山区泉涌寺東林町38
創設 :大正11年

ギャラリー
ギャラリー