~「ちびまる子ちゃん」原作35周年!あなたの好きな“神回”~  『まるちゃん 南の島へ行く』の巻 1月30日(日)は1時間スペシャルでお届け!

日本アニメーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川和子)がアニメーションの制作・ライセンス管理を行う『ちびまる子ちゃん』では、現在「~原作35周年!あなたの好きな“神回”さくらももこ原作まつり~」をお送りしています。

さくらももこさんが「りぼん」で連載をスタートしたのは1986年。連載開始から35周年を迎えた2021年には、それを記念し、2021年2月から6月の期間「原作35周年!あなたの好きな“神回”大募集!」と題し、番組HP上で原作「ちびまる子ちゃん」の好きなお話を受付。今回はその中でも特にたくさんのみなさまに選ばれた原作のお話をもう一度見たい“神回”として、新規作画・演出でお届けしています。本日1/16(日)は『まる子、ゴキブリをこわがる』の巻、1/23(日)は『まぼろしの「ツチノコ株式会社」』の巻を放送予定です。

そして、1月30日(日)の放送は、あの名作『まるちゃん 南の島へ行く』の巻の前編・後編を一挙に1時間スペシャルでお届けします。また、皆様に投票して頂いた“神回”のランキング発表もお届けします。盛りだくさんの1時間を、どうぞお楽しみに!

あらすじ

1月30日(日) 1時間スペシャル

『まるちゃん 南の島へ行く』の巻(前編)

おじいちゃんが商店街のクジで特賞を当てた。賞品はなんと、”南の島へのご招待”。たまたま、家族のみんなが都合悪くて行けないため、運良くまる子が行けることになった。大人にまじってドキドキの空港。そして飛行機は雲の上へ…!

『まるちゃん 南の島へ行く』の巻(後編)

青い空。広い海。何もかもが楽しいまる子。南の島で出会った女の子、プサディとお友達になったまる子は、島のいろいろな場所に案内してもらう。たのしくて、おいしくて、毎日が夢のよう…。

【見どころ】
いつもの清水を飛び出し、南の島へ。胸おどる珍道中、たくさんの人たちとの出会い。そしてプサディとの日々。笑いと涙とあたたかさのあふれるお話です。美しい海、星空、まる子たちの冒険を、どうぞ一緒にお楽しみください。

◆プロデューサー・髙野舞コメント
「この企画のラストを飾ります「まるちゃん 南の島へ行く」を1時間スペシャルでお送りします!海外へ気軽に出かけることが未だ難しい中、是非まる子と共に南の島へお出かけして頂ければと思います。今だからこそ感じるものにきっと出会えると思います!ご家族揃って是非お楽しみください!!」

<番組概要>
■タイトル
『ちびまる子ちゃん』

■放送日時
毎週(日)18時~18時30分放送 当該放送日:1月16日、23日、30日
※1月30日(日)は18時~19時

■キャスト
まる子(声:TARAKO)
お父さん(声:屋良有作)
お母さん(声:一龍斎貞友)
おじいちゃん(声:島田 敏)
おばあちゃん(声:佐々木優子)
お姉ちゃん(声:豊嶋真千子)
ナレーター(声:きむらきょうや)


■スタッフ
原作:さくらももこ
脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)
プロデューサー:髙野 舞(フジテレビ)、田中伸明(日本アニメーション)
監督:高木 淳(日本アニメーション)
制作:フジテレビ、日本アニメーション

公式サイト https://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/
ちびまる子ちゃん公式サイト http://chibimaru.tv/

参考資料

『ちびまる子ちゃん』について

『ちびまる子ちゃん』は、静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と、家族や友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品です。
1986年に『りぼん』(集英社)で連載を開始し、2021年に原作35周年を迎えました。原作コミックスは全17巻が発売中。発行部数は累計3,250万部を突破(デジタル版を含む)、海外版はアジア各国でも出版されました。1990年からはテレビアニメ放送もスタートし、フジテレビ系列で毎週日曜日夕方6時より放送中。中華圏をはじめとする海外でも放送され、世界中の老若男女を魅了し、長きに亘り愛され続けています。

Webサイト:https://chibimaru.tv/
Twitter:https://twitter.com/tweet_maruko
Instagram:https://www.instagram.com/chibimaruko_official/