Atmophとジャンルレスな音楽家、安田 寿之氏がコラボ。耳で楽しむ「音の風景」サウンドスケープを含む機能追加で大幅アップデート

「見る」と「聴く」両方の風景で、QOL向上を促進します

世界とつながる窓、Atmoph Window 2を開発・販売するアトモフ株式会社 (所在地:京都市中京区、代表取締役: 姜 京日 [かん きょうひ] 以下、Atmoph) は、本日2022年5月20日 (金) に、音楽家の安田 寿之さん協力の下、耳で楽しむ「音の風景」サウンドスケープ機能を含むversion.3.4をリリースし、大幅にアップデートします。サウンドはすべてAtmophのためだけに制作された、本製品オリジナルです。

音楽家の安田 寿之さん協力の下リリースしたサウンドスケープ機能は、Atmoph Window 2の1,200本以上あるどの風景にも寄り添うことができる「音の風景」としてオリジナルで制作されたサウンドです。

人は、聞こえてくる音によって様々な風景や物事を連想し、心地よさを感じます。世界各国の風景を眺めることでお部屋に解放感をもたらすAtmoph Window 2で、視覚からだけではなく、部屋全体を包み込むサウンドで空間全体に癒しをもたらしたい、というAtmophの想いに共感いただき、今回のサウンドスケープ機能が実現しました。

さらに今回のアップデートでは、外出時や就寝前に部屋の電気を消すと、室内の明るさに連動してAtmoph Window 2が自動でON/OFFになる機能も搭載されました。加えて、カメラモジュールを用いたジェスチャー操作では、今まで10種類だった操作にLEDモジュールの電源ON/OFFが追加され、ハンズフリーで出来る操作の幅が広がります。

リラックスを促す、調和のとれた癒しのサウンド

サウンドは、最大5つのレイヤーが重なり、いつも違うミックスの音楽が流れ続けるようになっています。風景の持つ魅力をそのままに、思考を遮らないような心地の良いリズムとテンポでリラックスを促す、耳で楽しむ「音の風景」となっています。また、サウンドは5つあるレイヤーから音楽の厚みを選択できます。どの風景にも合う基本の音楽から、例えば「sea (海) 」のタグがある風景を見ている時は海をイメージして作曲された音楽が自動的に流れたり、気分に合わせて設定が可能です。対応するタグは今後も増えていく予定です。仕事の合間や、夜の寝る前に心を落ち着かせたい時にお聞きいただくことで、QOLの向上にもつながります。

また同時に、安田 寿之さんがサウンドを制作している様子を撮影した風景を、室内風景シリーズ『Next Room (ネクスト・ルーム) 』のコンテンツとしてリリースします。

サウンドスケープ機能の使い方

1. Atmoph Window 2を最新のversionまでアップデートしてください。
2. MENU > クイックより、「サウンドスケープ」と「サウンドスケープ音量」が選択・調整できます。

安田 寿之

電子音楽をベースにジャンルレスに活動する音楽家。音楽環境研究所 合同会社 (旧Megadolly) 代表。1973年生まれ。兵庫県宝塚市出身。立命館大学理工学部卒。元Fantastic Plastic Machine (FPM) 。ロボットが歌うブラジル音楽、モノラルコンピレーション、世界の童謡の電子音カバーなど独特でコンセプチュアルな作品と共に、シンガーソングライター的な作品も生み出している。

Atmoph Window 2とは

Atmoph Window 2は、Atmophが独⾃で4K/6K撮影した1,200本以上の⾵景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

在宅ワークの需要が増える中、窓から風景を眺めることで旅行に行っている気分になれるだけではなく、Googleカレンダーとの連携や決まった曜日と時間にアラートができるデイリールーティーン機能など、ユーザー個人個人の生活を便利にできる機能を兼ね備えています。

また、Atmoph Window 2は「進化する窓」として通年を通してソフトウェアのアップデートを行っています。自身で撮影した風景をアップロードできる機能の追加や、2022年3月にはカメラモジュールを使ったジェスチャー機能もリリースしました。これからも、新しい機能や体験をアップデートを通してお届けしていきます。