見れば見るほど 見たくなる『にっぽんスズメ日誌』が2月15日発売

国内外で大人気のスズメ写真家と最も身近な 野鳥・スズメたちの10年間

株式会社カンゼンは、「にっぽんスズメシリーズ」最新刊!かわいいスズメたちの写真がとにかく満載、スズメファン大満足の一冊『にっぽんスズメ日誌』(中野さとる 写真・文、ポンプラボ 編集 )を2月15日に刊行いたします。

『にっぽんスズメ日誌』書影
『にっぽんスズメ日誌』書影

見れば見るほど 見たくなる

国内外で大人気のスズメ写真家と最も身近な野鳥・スズメたちの10年間

一生推していきまっちゅん!
一年365日、そこにスズメがいるかぎり

にっぽんのスズメのかわいすぎる姿をSNSなどを通して日々発信、海外からも注目を集めるスズメ写真家・中野さとるさん。中野さん撮影のスズメ写真を推すファン=Instagramフォロワー数は14万人超、写真を担当した書籍やカレンダーなども大人気と、日本で最も人気を誇るスズメ写真家といえばこの人、です。

そんな中野さんがスズメたちをおもな被写体としはじめて約10年。コロナ禍もはさみ長いようであっという間だったこの期間に、チュンたちがくれた、さまざまな気づき、心強い推し仲間、ゆたかな時間……熱すぎるその〈スズメ推し〉の毎日を、他では見られないスズメたちのさまざまな表情、しぐさをとらえた数多の写真とともに振り返ります。

スズメたちの一年間の移り変わる表情をつぶさに記録した「春夏秋冬365日チュン活ちゅーん★ にっぽんスズメ日誌」をはじめ、この10年間の思い出深いエピソードを綴る「チュンたちのおもいで」、さらに巷でウワサの? チュン専門誌『月刊SUZUME』の大紹介など、かわいいスズメたちの写真がとにかく満載、スズメファン大満足の一冊です。

サンプルページ

WE♡SUZUME!
WE♡SUZUME!
MOTTO!!SUZUME♡
MOTTO!!SUZUME♡
『にっぽんスズメ日誌』はじめに
『にっぽんスズメ日誌』はじめに
GO! GO! SUZUME♡
GO! GO! SUZUME♡
春夏秋冬365日 チュン活ちゅーん☆
春夏秋冬365日 チュン活ちゅーん☆
チュンたちのおもいで
チュンたちのおもいで
01 January①
01 January①
01 January②
01 January②
スズメについての最初の記憶
スズメについての最初の記憶

もくじ

『にっぽんスズメ日誌』もくじ
『にっぽんスズメ日誌』もくじ

prologue
WE💛 SUZUME!

はじめに

春夏秋冬365日チュン活ちゅーん★
にっぽんスズメ日誌
01 January
02 February
03 March
04 April

Column
MF(マイフィールド)のこと
チュン撮影ロケーションはこんな感じ

05 May
06 June
07 July
08 August

Column
スズメの野鳥仲間のこと
もっと撮影してみたいこの鳥たち

09 September
10 October
11 November
12 December

Column
巷でウワサの? チュン専門誌
『月刊SUZUME』のこと

Our Memorial Album
チュンたちのおもいで

スズメについての最初の記憶
自然や生きものについて
人生で最初に心惹かれた野鳥
スズメと被写体として再会
撮影していてうれしく楽しかったこと
撮影していて悲しくつらかったこと
撮影していて難しいと思うこと

撮影機材とスタイルについて
過去最大のピンチは…
記憶に残るチュンたち
あらためて感じる推しポイント

Satoru Nakano's Works
about SUZUME
中野さとるのスズメのしごと

おわりに

プロフィール

中野さとる(なかの さとる)
Instagram(@Onakan_s)にて主にスズメを被写体とした写真を発表。2016年刊行の初作品集『にっぽんスズメ歳時記』(カンゼン)が好評を博し、同書を含む「にっぽんスズメ」シリーズ、『スズメからの贈り物』(エクスナレッジ)、『すずめ暮らしカレンダー』(インプレス)ほかで写真を担当。新聞・TV・出版物・サイト等各種メディアにスズメ写真を提供している。愛知県在住。
X:@aerial2009
公式ブログ「さすらいの木枯らしチュン次郎」 https://ameblo.jp/onakans/

書誌情報

書名:『にっぽんスズメ日誌』
ISBN:978-4-86255-712-4
写真・文:中野さとる
ページ数:112P
判型:A5変型判
定価:1,540円(本体1,400円+税)
発売日:2024年2月15日
出版社:カンゼン

【この件に関する問い合わせ先】

株式会社カンゼン
宣伝プロモーション部
担当:伊藤真
TEL:03-5295-7723
MAIL:ito@kanzen.jp


AIが記事を作成しています