現在国内で唯一購入できる管理医療機器「ビガー2020」を医療機関向けに販売開始

医療機器販売業の株式会社A&H B (本社:東京都足立区、代表取締役:古山健二)

<開発の背景>

国内ED患者数は1400万人以上とも言われ、妊活をしている20代、30代の男性3人に1人がEDの問題を抱えています。現代の男性不妊症の一因になっており2021年の国内出生数は80万人台まで急減少しています。

ED治療ガイドラインでは第1の選択肢として経口薬(PDE5阻害薬)を用いるとされておりますが薬剤禁忌・副作用などにより脱落した際には、治療の第2選択肢として陰圧式勃起補助具が推奨されております

私たちは、医療機器として承認されて販売可能なものが国内に存在していないことに注目いたしました。陰圧式勃起補助具はポンプ操作を繰り返すことにより自然と勃起し、自分のタイミングでコントロール可能です。ED患者数は年々増加しており、コロナ禍によるライフスタイルの変化はED増加に拍車をかけています。「ビガー2020」は治療に十分な吸引力を実現させるパッキンと機能性を追求したカービングデザインシリンダーを組み合わせた、唯一購入できる管理医療機器として販売を開始しました。

<製品の特長>

1.陰圧機能

陰圧式勃起補助具は吸引力が大変重要で、ビガー2020はパッキンを工夫しております(特許取得)。その結果、陰茎海綿体に血流を送り込み、陰茎の勃起機能を改善いたします。

2.泌尿器科のドクターが考案

ビガー2020のシリンダーは泌尿器科ドクターが考案したカービングデザインを採用しハンドリングと機能性に優れています。

3.耐久性・安全性

地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センターにて試験を行い、通常より高い陰圧を繰り返しかけても(200回)耐久性に問題ないことを確認しています。また解除ボタンを操作することで速やかに(2秒以内)常圧に戻ることを確認しております。

4.販売

陰圧式勃起補助具は様々な治療と併用することが可能です。
 泌尿器科をはじめ、生活習慣病(糖尿病、高血圧等)、アンチエイジング、再生医療、美容整形、がん専門クリニック、ペインクリニック、不妊治療クリニック、歯科クリニック、AGAクリニック、皮膚科クリニック、心療内科等様々な医療機関で販売を開始しました。


■販売機種
販売名:ビガー2020
一般的名称:手動式可搬型吸引器
医療機器承認番号:30300BZX00279000

■問い合わせ先
株式会社 A&HB ビガー2020カスタマーセンター
担当:事業開発 本部長 西野陽一朗
TEL:03-6820-2089
e-mail:vigor@aandhb.com
URL:https://aandhb.com
土日祝日を除く月曜〜金曜の午前10時〜午後5時