近畿大学文芸学部生が大阪韓国映画祭の公式ロゴをデザイン 駐大阪韓国文化院の依頼を受け、文化交流促進と活性化を図る

日本語表記およびハングル表記の公式ロゴ(左)、ポスター用ロゴタイプ(右)
日本語表記およびハングル表記の公式ロゴ(左)、ポスター用ロゴタイプ(右)

近畿大学文芸学部(大阪府東大阪市)芸術学科造形芸術専攻教授 安 起瑩(あん きよん)ゼミでグラフィックアートを学ぶ学生が、駐大阪韓国文化院(大阪府大阪市)から依頼を受け、同文化院主催の「大阪韓国映画祭」の公式ロゴとポスター用ロゴタイプをデザインしました。このロゴとロゴタイプは、令和4年(2022年)9月23日(金・祝)から25日(日)までグランフロント大阪で開催される映画祭で使用されるほか、来年以降も継続的に使用されます。

【本件のポイント】
●幅広い世代に映画祭をアピールするとともに、PRに継続的に生かせるロゴとロゴタイプをデザイン
●イベント名の日本語表記とハングル表記をモチーフに、鮮やかなカラーで両国の未来をイメージ
●駐大阪韓国文化院とのコラボレーションを通じて、日本と韓国の文化交流促進と活性化を図る

【本件の内容】
大阪韓国映画祭は今年で8回目の開催となり、今回は日本未公開の韓国映画5作品が紹介される予定です。日本の若者をはじめとする幅広い世代にこの映画祭をアピールするとともに、PRに継続的に生かせるよう、ロゴとポスター用ロゴタイプをデザインしてほしいという駐大阪韓国文化院からの依頼を受け、近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術専攻の学生が制作しました。
「ロゴやロゴタイプを見ただけで映画祭が連想できるような分かりやすいデザイン」というコンセプトで、2~4年生が38点のデザイン案を同文化院に提案した結果、公式ロゴには3年生の西野 里音さんの案が、ロゴタイプには3年生の鈴木 美春さんの案が採用されました。イベント名の日本語表記とハングル表記をモチーフに、両国の未来をイメージする鮮やかなカラーを用いて、ポップで明るい印象が伝わるようなデザインにしています。採用に至らなかった作品についても、映画祭会期中に会場に展示して来場客に披露されます。また、学生らは映画祭の運営にも協力してイベントの進行に携わり、駐大阪韓国文化院とのコラボレーションを通じて、日本と韓国の文化交流促進と活性化を図ります。

【映画祭概要】
イベント名:第8回大阪韓国映画祭
会   期:令和4年(2022年)9月23日(金・祝)~25日(日)
会   場:グランフロント大阪 北館 4F 「ナレッジシアター」
      (大阪府大阪市北区大深町3-1、JR「大阪駅」から徒歩約3分)
参加申込 :公式サイトから事前申込(抽選制、鑑賞無料)
      http://osakakorea.com/okff2022/
申込締切 :令和4年(2022年)年9月7日(水)
お問合せ :駐大阪韓国文化院 TEL(06)6292-8760

【関連リンク】
文芸学部 芸術学科(造形芸術専攻) 教授 安 起瑩(あん きよん)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/1111-an-kiyoung.html

文芸学部
https://www.kindai.ac.jp/lit-art-cul/