オンライン就活のための学生用個室型ワークブースを設置 「就職に力を入れている大学」として就活生を環境面でも支援!

キャリアセンター横に設置した個室型ワークブース
キャリアセンター横に設置した個室型ワークブース

近畿大学キャリアセンター(大阪府東大阪市)は、新型コロナウイルス感染症の影響でWeb面接などオンラインを活用した採用選考が増加していることを踏まえ、令和4年(2022年)3月15日(火)から就活生が利用できる個室型ワークブースを導入します。
※ 大学通信「大学探しランキングブック2022」就職に力を入れている大学 関西2位

【本件のポイント】
●オンラインでの採用面接やインターンシップの選考が増えたため、環境面での学生サポートを強化
●就活生のニーズに沿った個室型ワークブースを設置し、面接に適した静音な環境を提供
●換気ファンや、ウイルス・菌の不活性化を促す抗菌コーティングで感染症対策も万全

【本件の内容】
近畿大学では、新型コロナウイルス感染症の影響で就職活動が大きく変化したことをうけ、オンラインを活用した個別相談や履歴書・自己紹介書のデジタル化等、オンライン主体の採用選考に合わせた就職支援をいち早く実施してきました。
コロナ禍での就職活動では、採用選考の面接だけでなく、インターンシップ参加者の選考もオンラインでの実施が増えており、学年問わず、「Web面接に適した場所が見つからない」「自宅のネットワーク環境が不十分」等の相談が増えています。
そこで、11月に学生向けの個室型ワークブースを学内にテスト設置したところ、「集中できる」「引き続きの設置を希望したい」と、学生から導入に対する支持が多くあったため、Web面接が多くなる時期に合わせ、令和4年(2022年)3月15日(火)から本格導入を開始します。
導入する個室型ワークブース「テレキューブ by オカムラ」は、機密性が高く音漏れを防ぐため、静音な環境で面接に参加することができます。また、天井に換気ファンを装備しており、1分以内にブース内の空気をすべて換気して密閉を防ぎ、ウイルスや菌の不活性化を促す「まるごと抗菌コーティング」により、感染症対策も万全です。
個室型ワークブースの導入により、学生が安心して選考に臨める環境を提供し、就職活動の環境変化にともなう負担軽減を図ります。

【設置概要】
設置機種 :テレキューブ by オカムラ 2台(株式会社オカムラ製)
利用開始日:令和4年(2022年)3月15日(火)
場   所:近畿大学東大阪キャンパス アカデミックシアター
      2号館2階 キャリアセンター横
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、
       近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対   象:東大阪キャンパス、奈良キャンパスの学部生、大学院生 約28,000人
用   途:オンラインでの採用選考やインターンシップ選考への
      参加場所として就活生に提供

【関連リンク】
近畿大学キャリアセンター
https://www.kindai.ac.jp/career/