インダストリー4.0の市場規模は2030年に3351億米ドルに達すると予想-最新予測

インダストリー4.0の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間中に複合年間成長率19.8%を記録し、2030年までに3,351億米ドルに成長すると予測されます。

市場に影響を与える要因

産業拡大の可能性は、インターネットの利用が増えたことと、近年の産業オートメーションやデジタル技術の進歩が相まって生まれたとされています。例えば、Robert Bosch Engineering and Business Solutions Private Limitedの2021年5月の声明によると、電気特性、家電レベル情報、電気エネルギー消費、稼働率をリアルタイムに表示するPhantom Edgeが利用できるようになるとのことです。

インダストリー4.0は、小売、工業生産、ヘルスケア、農業、モビリティなど、あらゆる産業分野に有益であり、これらの産業におけるインフラ整備の進展により潜在的な成長を記録するものと思われます。さらに、ロボットの採用が進んでいることや、技術のコストが着実に低下していることも、市場の成長を後押しすると考えられます。過去数十年の間に、ロボットは機能制限のある法外に高価なガジェットから、幅広いタスクを実行できる手頃な価格の機械へと変化してきました。世界中の組織がロボット、特に産業用ロボットを採用し、作業を遂行しています。ロボット業界の最近の動向によると、産業用ロボットは生産センターでますます頻繁に利用されるようになり、進歩、革新、産業の発展を加速させています。例えば、ABBは2021年2月に「GoFa greater payload cobot」を発表しました。このコボットは、労働集約的で反復的な活動において、従業員を効率的に支援することができます。したがって、このような進歩は、インダストリー4.0市場を次のレベルに引き上げると期待されます。

地域別分析

中国、日本、インドの製造業におけるロボット利用の拡大は、APACにおけるインダストリー4.0の成長を推進する主な要因の1つです。生産コストが安いため、業界関係者はAPAC諸国で製造施設を設立することができます。APACは、継続的な技術の進歩、地方自治体からの財政支援、相当な産業基盤により、最も成長率の高い地域の1つであり、中国と日本がインダストリー4.0の成長の大部分を担っています。

競合他社の分析

ゼネラル・エレクトリック
シーメンス
ハネウェルインターナショナル
ABB
エマソン・エレクトリック
3Dシステムズ
アドバンテック
バスラー
シスコシステムズ
コグネックス株式会社
ダイフク
IBM
インテル
ジョンビーン・テクノロジーズ・コーポレーション
エヌビディア
その他の有力企業

市場セグメント

技術別:(産業用ロボット、ブロックチェーン、産業用センサー、産業用3Dプリンティング、マシンビジョン、HMI、AI製造、デジタルツイン、AGV、マシンコンディションマニュファクチャリング)

地域別(北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカ)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bwcc1482

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/