2人に1人が、2週間以内に外食 店舗の新型コロナ対策には、まだ不安も

-外食に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「外食に関する調査」を実施しました。 緊急事態宣言が全国で解除されてから1か月がたち、テイクアウトや家での食事でだけでなく、店舗で外食する人も徐々に増えているようです。今回は外食に関して、外食をした店舗の業態や、店舗のコロナ対策への不安度などについて分析しています。

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200630eatingout/

5割以上が直近2週間以内に外食を経験

外食店舗の業態は「コーヒーショップ」「ファミレス」「和食・寿司屋」が上位3位

20代における外食率が高く、一人暮らしにより、外食機会の多い様子が窺える。「居酒屋」は8.2%と全体の6位にとどまった。<図1>

外食に行きつつも、3割弱が【店舗の新型コロナ対策】に対して不安を感じている

「不安を感じていなかった人」は51.5%と、「不安を感じた人」を上回る。
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の在住者は不安を感じた割合が高く、新型コロナへの警戒心が他県に比べやや強い。<図2>

3週間前と比べ、複数人での外食を「してもいい」と考える人が増加

「家族と近所の飲食店で食事」も3週間前より増加し、約半数が「してもいい」と回答。「友人・知人との食事」は「してもいい」と考える人も全体的に上昇していた。<図3>

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200630eatingout/

■調査項目

□属性設問
□直近1週間の外出頻度
□直近1週間で自分の「楽しみ」のために使った金額
□最近日常生活の中で「変わった」と思うこと
□特別定額給付金の使用目的(または使用予定)
□昨今の状況下の中で、現在「してもいい」と思うこと
□直近2週間以内に外食したお店
□外食時、店舗のコロナ対策についての不安度合い

■調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2020年6月26日(金)
有効回答数 : 1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

【会社概要】

会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F

代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」