【今年はどんなクリスマスを過ごしますか?】フィンランドのサンタさんから素敵なメッセージ動画が届きました!

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、創業より主力商品である『ブルーベリーアイ』の原材料として、北欧フィンランドの「ビルベリー」を使用してきました。その恩恵に感謝して、2005年9月、フィンランドのサンタの森にもみの木の植樹を行ないました。同年12月にお礼としてサンタクロースが来日したことをきっかけに、日本とフィンランド、双方の理解や友好を深めるための「日本・フィンランド友好プロジェクト」を始動いたしました。

日本フィンランド友好プロジェクトは、今年で16年目を迎えます。
活動の一環として、わかさ生活では毎年フィンランドからサンタクロースを日本に招待し、昨年までにのべ37,600人を超える多くの子どもたちに夢と笑顔を届けてきました(2019年12月末時点)。

今年は新型コロナウイルス感染対策を行いながら、関西地域の児童養護施設や幼稚園にわかさ生活スタッフが訪問し、サンタさんからのメッセージやプレゼントを届けています。
今年は、新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛などもあり、子どもたちも我慢の年でした。そんな中でクリスマス会をずっと楽しみにしていた子どもたちは、「来年はサンタさんにあえるかな」「遠くのフィンランドまで手紙を届けたい」と、笑顔を見せてくれました。

【クリスマスの準備はどんな感じ?】クリスマスの準備でサンタクロース村は大忙し!

今年は、新型コロナウイルスの影響でサンタクロースを日本に招くことができません。
しかし、フィンランドのサンタクロース村ではクリスマスに向けて大忙しで準備を行っています!
フィンランドのサンタクロース村のサンタさんから日本の皆さんにクリスマスの特別メッセージが届きました。

今年のクリスマスは、おうちで過ごされる方も多いのではないでしょうか。
いつもとは違うクリスマスを、大切な人と一緒にお過ごしください。

わかさ生活では今後も、継続的に日本とフィンランド双方の理解や友好を深めるため「日本・フィンランド友好プロジェクト」活動を行ってまいります。

関連サイト

▼日本・フィンランド友好プロジェクトサイト(過去の取り組みについてはこちら)

▼わかさ生活 コーポレートサイト