noteは6周年をむかえ、月間アクティブユーザーが4,400万を超えました。

6年をふり返る、インフォグラフィックを公開

noteは2020年4月7日にサービス開始6周年を迎えました。これまで使ってくれたみなさんへの感謝を込めて、最新の状況をまとめたインフォグラフィックを公開します。

noteは2020年3月に月間アクティブユーザーが4,400万人を超え、720万件以上のコンテンツが集まる、おおきな街に成長しています。たくさんのひとが訪れることでクリエイターが集まり、多彩なコンテンツが生み出される循環がめぐっています。

noteの爆発的な成長は、引き続きユーザーからの支持に後押しされてきました。7年目も、安心して使える雰囲気、かつ、個人法人問わずクリエイターが本当に実現したいことを叶えられる場所づくりをしていきます。

note6年間の歩み

6年目のnoteではさまざまなパートナーとともにnoteの街が活性化して、細かなカイゼンやサークル、ストアといった大きな機能追加も行いました。MAU2000万人を超えた2019年9月末から半年で利用者がさらに倍増。2019年3月から法人向けにnote proもはじめたことで、企業の利用も激増しています。

2019年11月末に、ドメインを「.com」へ移行。面白いコンテンツや役に立つ情報が集まるnoteへたどりつく方法はさまざまです。

他のクリエイターがnoteに投稿した画像を自分の記事の見出し画像に使える「みんなのフォトギャラリー」には10万件以上の写真やイラストが投稿されています。ほかのSNSやサービスの記事を埋め込めるnoteでは、45万件以上の動画も埋め込まれました。

※6年目に行なった取り組み

note pro https://biz.note.com/
.com 移行 https://note.com/info/n/n95e6a1368b0d
ストア https://note.jp/n/nca0718eab106
サークル https://note.com/info/n/n3820f314922d

クリエイターの街、noteからは多くの作品が世にでていきました

2019年末までに少なくとも23冊の書籍がnoteへの投稿をキッカケに発売されました。2020年からはさらにその流れが加速。すでに3ヶ月で9冊の書籍が誕生して、今後も多数発売を控えています。

また2019年は、note発の映像作品も生まれています。note主催の「cakesクリエイターコンテスト」で入賞してcakesで連載がはじまった、かっぴーさんの「左ききのエレン」は2019年10月にドラマ化されました。

2019年8月に資本業務提携したテレビ東京HDとのコラボレーションでは、2019年10月と2020年1月にnoteのクリエイターからアイデアや脚本を募るドラマ制作を行ないました。

noteを利用する法人同士(ポプラ社とキリンビール)がコラボして、書籍に収録する作品をnoteのクリエイターから募ったり、文藝春秋digitalはエッセイや挿絵をnoteのクリエイターから起用しています。

※法人のコラボ https://note.com/poplar_bungei/n/n818f1c9b3b1f
※文藝春秋digital https://bungeishunju.com/

会社名がnoteに

2020年4月7日から、社名をnote株式会社へ変更いたします。あらゆるクリエイターが自由に使うまっ白いノートのようなプレーンさを表現するために名づけられた、note。これからもひとびとの創作活動の拠点となるべく、さまざまな取組みをおこなっていきます。

社会的意義を果たすために

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、noteではデマの拡散防止、専門家の情報発信のサポート、みなさんの知見を集める取り組み、オンラインイベントの強化やクリエイターのライブイベントサポートなどを行なっています。詳細は、こちらの記事をご覧ください。

https://note.jp/n/n4345131be50c


7年目のnoteを、これからもよろしくお願いします。