貴重な対面機会に笑顔のコミュニケーションを! 玩具無人販売【エウレカボックス】プロジェクト開始 松坂屋名古屋店でクラウドファンディングリターン展示も

老舗問屋の玩具無人販売サービス【エウレカボックス】が クラウドファンディング「PROJECT NAGOYA GONA!」でプロジェクト始動。

【エウレカボックス】プロジェクト始動!

株式会社堀商店(本社名古屋市、代表:堀貴雄 以下当社)が企画した【エウレカボックス】プロジェクトがクラウドファンディング「PROJECT NAGOYA GONA!」で掲載開始されました。
当社は創業71年のファミリー向けイベント・販促景品の卸問屋で、名古屋の店舗やオンラインショップにて主に卸売で幅広い層に子どもが喜ぶ商品を販売してきましたが、このほど大人をメインターゲットとした新サービス エウレカボックスをスタートさせます。

サービス開始前のPRのため、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営する松坂屋名古屋店(愛知県名古屋市、店長:小山真人)と株式会社R-pro(愛知県名古屋市、代表取締役:岡本ナオト)及び株式会社パルコが運営する名古屋PARCO(愛知県名古屋市、店長:西野光昭)、購入型クラウドファンディング「BOOSTER」が手掛ける「名古屋の新しい変化と課題解決に繋がるアイデア」を応援するためのクラウドファンディング企画「PROJECT NAGOYA GONA!」にプロジェクト掲載を開始しました。

【エウレカボックスとは】

エウレカボックスは職場や店舗などユーザー任意の場所におもちゃが入った宝箱を設置、消費者個々人がスマートフォンのバーコード決済でおもちゃ1袋を税込150円で購入できるサービスです。宝箱には全100種類のおもちゃの内、50種類1個ずつの計50個が入っており、設置は無料。宝箱の中のおもちゃが減ってきたら追加依頼をすれば50個単位でおもちゃが届く仕組みです。

バーコード決済で150円を支払い
バーコード決済で150円を支払い
宝箱からおもちゃを1袋取り出す
宝箱からおもちゃを1袋取り出す

宝箱や懐かしいおもちゃの数々が、思いつきを発言しやすい雰囲気や、笑顔のコミュニケーション創出を助けることが狙い。リモートワークの常態化を受け貴重となった、対面で人と接する機会の満足度を高めることにも繋がると期待しています。職場を含む日常に宝箱を溶け込ませて頂き、誰もが思いつきを口に出し、実現に向けて協力が得られる前向きな世の中を目指し考案しました。
コミュニケーション促進を狙い、話しかけられて良い時にその状態を周りに示す【サトラレカード】をおもちゃに同梱しています。

利用イメージ
利用イメージ
中身のおもちゃの参考例とサトラレカード
中身のおもちゃの参考例とサトラレカード

【プロジェクトについて】

今回のクラウドファンディングプロジェクトは税込500円から支援可能で、エウレカボックスが通常1袋税込150円のところ、サービスが継続する限り税込140円で購入できるクーポンを中心に、幅広いリターンを用意しています。5月には松坂屋名古屋店の南館1階でのリターン展示も予定されています。
※プロジェクト詳細ページ: https://camp-fire.jp/projects/view/394497
※PROJECT NAGOYA GONA!特設サイト: https://nagoyagona.com/

【実証実験について】

現在、エウレカボックスの効果測定実証実験を株式会社はぴテック(本社東京都目黒区、CEO: 太田雄介、以下はぴテック)と共同で行っています。今回の実証実験では、はぴテックが慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 前野隆司教授と共同開発した、多様な側面がある”幸せ”を多面的に計測し数値化する【幸福度診断 Well-Being Circle】をエウレカボックスの効果を定量的に測るために活用しています。エヌエヌ生命保険株式会社をはじめとする数社から実証実験への参加協力を得て、2021年4月12日から5月11日の1か月間エウレカボックスを設置し、期間の前後で幸福度の変化を分析する計画です。実証実験の結果はクラウドファンディングプロジェクト内の活動報告で発表する予定です。

エヌエヌ生命保険株式会社での実証実験の様子
エヌエヌ生命保険株式会社での実証実験の様子