人工角膜・角膜インプラント市場は年平均成長率(CAGR)7.1%で成長し、2030年には7億140万米ドルに達すると予測される

人工角膜・角膜インプラントの世界市場規模は、2021年に3億8150万米ドルでした。人工角膜・角膜移植の世界市場は、2022年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)7.1%で成長し、2030年には7億140万米ドルに達すると予測されます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol877

市場に影響を与える要因

人工角膜および角膜移植の世界市場は、高齢者人口の増加や眼病患者の増加により、将来的に大きく成長すると予想されています。

また、低コストで効率的な治療を提供するための政府の積極的な取り組みも、人工角膜および角膜インプラント市場に利益をもたらすでしょう。眼科疾患の有病率の増加や視覚障害と戦うための政府のイニシアチブは、調査期間中の市場成長を促進するでしょう。

また、発展途上国における可処分所得の増加や医療インフラの改善も、分析期間中の人工角膜・角膜移植市場の成長に貢献するでしょう。

逆に、眼科機器や外科処置に関連する高コストが、調査期間中の市場成長を制限する可能性があります。

地域別分析

アジア太平洋地域の人工角膜・人工角膜インプラント市場は、最も高い成長率で成長すると予測されます。これは、高齢者人口の増加によるもので、人工角膜・角膜インプラント市場の成長にいくつかの有利な機会をもたらすと思われます。また、この地域は人口が多く、いくつかの慢性疾患や生活習慣病の有病率が上昇しているため、市場の成長を後押しすることになります。

特に病院などのプライマリーヘルスケアにおける人工角膜の使用の増加は、予測期間中に人工角膜および角膜インプラント市場に利益をもたらすでしょう。さらに、中国、日本、インドは、緑内障、糖尿病性網膜症などの目の病気の症例が著しく増加している主要国です。その結果、予測期間中にアジア太平洋地域の人工角膜・人工角膜移植市場の成長をエスカレートさせるでしょう。

市場の競合他社

AJLオプサルミック
コルネアジェン社
コーニートビジョン
リンコケア ライフサイエンス AB
プレスビア・ピーエルシー
メディファコ
オーロラブ
コルネア・バイオサイエンス
DIOPTEX社
アイヨン・メディカル
その他の有力企業

市場セグメンテーション

人工角膜・角膜移植の世界市場は、タイプ、移植、疾患適応、エンドユーザー、地域に焦点を当ててセグメンテーションされています。

タイプ別展望

ヒト角膜
人工角膜

移植タイプ別

貫通型角膜移植術
内皮角膜移植術
前方ラメラ角膜移植術
人工角膜(ケラトプロテーゼ

疾患別適応症の展望

フックス角膜変性症
真菌性角膜炎
円錐角膜
その他

エンドユーザー別

病院・外来手術センター
専門クリニック

地域別

北米
米国
カナダ
メキシコ
欧州
西ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ
MEAの残りの地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol877