【幻冬舎新刊】命を預かる病院の裏側では、パラサイツ(寄生者たち)が跋扈していたーー。地方病院を題材にした小説『パラサイツ 地方病院の闇』12月10日発売!

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目9番7号、代表取締役久保田貴幸)は、新刊「パラサイツ 地方病院の闇」(著者:杉 敬仁 )を12月10日に発売いたしました。

書籍内容

命を預かる病院の裏側では、パラサイツ(寄生者たち)が跋扈していた。
病院を食い物にする銀行や建設会社、創業者一族……。
パラサイツによって蝕まれた病院の経営がひっ迫していくなか、
地方総合病院の財務と医療事務全般を取り仕切る医事課で、
病院存続と患者本位の医療を提供する医師たちのために孤軍奮闘する主人公。
しかし、メインバンクの融資が差し止めになり、弱り切った組織に追い打ちをかける。
次々と襲いかかる院内の問題が、病院を破綻に追い込んでゆく。

13年前、鈴原病院に事務部副部長として入職した竜崎が配属されたのは医事課だった。
入って早々、迷惑な患者による恐喝行為や暴力行為、
病院内の私利私欲を貪りまったく仕事をしない副院長、
節操のない男女関係や不当な人事を行う理事長など、
病院内部の人間に潜む「異様さ」に直面する。
竜崎はそのような連中に毅然と立ち向かい院内環境の改善に努めるなかで、
老朽化した病院の建て替え計画を進める担当となる。
資金調達のため内部事情を知るうちに、
理事長を筆頭とした既得権益をもつ人間たち(=パラサイツ)によって
病院が私物化され、経営が圧迫されていることが明らかになる。
この頃にはすでにこの病院の諸悪の根源が理事長にあることに気づいていた竜崎は、
強大な権力を前に一刀両断にできる機会を虎視眈々と狙っていた。
鈴原家をはじめとした病院に巣食うパラサイツの悪事や、病院改修工事に向けた
資金調達の道のり、鈴原病院の体質改善を装い竜崎に仕掛けられた罠……。
「いつか必ず経営を改善し理想の病院を目指す」と懸命に食らいつく竜崎が、
次々に降りかかる災難に挑む。

目次

プロローグ
第一章 病院に巣食うパラサイツ
第二章 命懸けの病院新築計画
第三章 仕掛けられた罠
あとがき(臥薪嘗胆)

書籍概要

書籍名 :パラサイツ 地方病院の闇
著者:杉 敬仁
価格:1,760円(税込)
体裁 :214ページ
ISBN-10:4344930843
出版社 :幻冬舎
URL:https://wadainohon.com/books/978-4344930841/

著者プロフィール

■ 杉 敬仁/スギ タカヒト

1955年2月9日生まれ。
1979年福岡県立修猷館高等学校を経て早稲田大学卒業。
大手証券会社、製造業、医療法人を経て今に至る。

会社概要

商号 : 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
代表者 : 代表取締役 久保田貴幸
所在地 : 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
設立 : 2005年6月27日
資本金:42,250千円
事業内容 : 出版を通じた企業のブランディング支援・コンサルティング業務
URL :https://www.gentosha-mc.com/

本記事に関する問い合わせはこちら

株式会社幻冬舎ゴールドオンライン
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号
TEL:03-5411-6270
URL :https://gentosha-go.com/

▼学びは本からというあなたへ「話題の本.com」