自治体限定!RSUPPORT、セキュアなリモートアクセス・Web会議システム製品を2023年3月末まで無償提供

遠隔からセキュアにアクセスし業務効率化推進 自治体のBCP対策強化にも

RSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役:徐ヒョンス、以下
「RSUPPORT」、URL:https://www.rsupport.com/)は、自治体のDX計画におけるテレワーク推進支援のため、リモートアクセスツールRemoteView及びWeb会議システムRemoteMeetingを2023年3月31日(金)まで無料でご体験頂けるキャンペーンを開始いたします。

自治体のテレワーク導入は、土台作りやセキュリティ面、ユーザー管理などの課題からそう簡単ではないのが現状であり、実施するにも庁内と同じPC環境でないとテレワークでできる業務に限界があるという声も耳にします。
そのような課題を解決すべく、1人でも多くの職員にテレワークをご体験いただけるよう
テレワークやBCP対策に使える弊社製品を自治体限定で無償で提供するキャンペーンを実施することに決定いたしました。

庁内のパソコンやサーバーをどこからでも安全に遠隔操作できるリモートアクセスツールRemoteView、さらにインストール不要でWebブラウザから誰でも簡単に会議参加ができるWeb会議ツールRemoteMeetingを期間限定で無料でご体験頂けます。テレワークはもちろん、災害時のBCP対策としても有効なツールは、効率的な働き方を実現するとともに自治体のDX推進の後押しとなるはずです。

■キャンペーン概要

キャンペーン名:「自治体DX応援キャンペーン」
内容     :地方自治体限定で弊社ASP製品を2023年3月31日まで無償提供します
申込期間   :2022年6月1日~2022年8月31日
申込対象     :地方自治体
無償提供製品   :RemoteView/RemoteMeeting
無償提供期間 :2023年3月31日まで

詳細や申し込み方法については、以下キャンペーンページをご参照ください。
https://help.rview.com/hc/ja/articles/6417456286483

■当社ソリューションについて
遠隔アクセスツール「RemoteView」
https://content.rview.com/ja/
RemoteViewは、手元のデバイスから会社のPCにセキュアに接続し、遠隔で操作することができるリモートアクセスツールです。在宅勤務・テレワーク時にオフィスのデスクトップPCを自宅PCから接続してファイルを開いたり、業務用システムを使用できます。セキュリティ面で厳しい基準を要求される金融機関でも採用されており、安心・安全な遠隔アクセスを提供します。

Web会議ツール「RemoteMeeting」
https://www.remotemeeting.com/ja/
RemoteMeetingは、クリアな音質と便利な機能を搭載しており、ソフトウェアのインストール不要でWebブラウザから簡単に会議開始できるWeb会議ツールです。画面・ドキュメントの共有機能はもちろん、最先端のAI技術を活用してユーザーのニーズに合わせた様々な機能に対応し、スムーズなコミュニケーションを実現します。

■RSUPPORT株式会社について
会社名 :RSUPPORT株式会社
設立 :2006年4月
代表者 :徐 滎秀(ソ・ヒョンス)
所在地 :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階
事業内容 :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス : 遠隔アクセスツール「RemoteView」
Web会議ツール「RemoteMeeting」
遠隔サポートツール「RemoteCall」