群馬県出身の伝説的な経営コンサルタント。 1万社を超える企業を指導し多くの倒産寸前の会社を立て直した。

キンドル電子書籍【組織論】カテゴリー1位獲得『社長学マップでわかる!図解 一倉定の実践社長学』著者伊藤彰彦。総合ランキング30位。

一倉定(1918-1999)は、群馬県出身の伝説的な経営コンサルタント。
1万社を超える企業を指導し、多くの倒産寸前の会社を立て直した。

苛烈なまでに経営者を叱り飛ばす姿から
「社長の教祖」「炎のコンサルタント」などの異名を持つ。
「ダメな会社はトップがすべて悪い。
人のせいにするな、部下のせいにするな、環境のせいにするな」が基本方針。

空理空論で経営する社長や、
利益のみを追求する社長は烈火のごとくに叱り飛ばすとされ、
「こんなに叱られるのは生まれて初めてだ」
「講義と聞いて来たが、これは講義ではない、落雷だ」
などとその体験を述べる経営者もいる。

後継者に不安を抱く創業者からも人気で、
いわばダメ社長の再生人として没後もなお、
不動の地位を誇っている。

●経営とは『外部』に対応するものであって、
 断じて企業の『内部』に対応するものではないのだ

●事業経営の成否は、99%社長で決まる

●いい会社とか悪い会社とかはない。あるのは、いい社長と悪い社長である

●電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である

●事業経営にきれいごとは危険である

●ボロ会社ほどスローガンが多い
等々、名言がたくさんあり、著書は、ドトール、ユニ・チャーム、トステムなどの創業者たちのバイブルともなっている。
現在活躍している経営者や士業にも熱心な信奉者は多い。
この一倉定の「社長学」は日本経営合理化協会から
「一倉定の社長学 全10巻」としてまとめられているが、大部で難解。

そこで、より平易に、図解によって全貌をコンパクトに書籍化するのが本書である。