ドローンスタートアップ・TEAD株式会社 パナソニックシステムデザイン株式会社と共同でゴルフ場における自律飛行による薬剤ピンポイント散布の実証実験を開始

ものづくり企業の育成や企業の新たな事業分野進出の支援を目的とした『かわさき新産業創造センター(KBIC)』(所在地:神奈川県川崎市幸区新川崎7-7)に入居するTEAD株式会社(代表取締役社長:相吉 雄二、以下「TEAD」)は、パナソニックシステムデザイン株式会社(代表取締役社長:岩崎 哲、以下「PSD」)と共同で、ゴルフ場のグリーン管理における業務の省力・効率化 をサポートするドローンの導入、実装を目指し2020 年 10月より実証実験を開始しました。

ゴルフ場の芝のメンテナンス作業は、刈込だけでなく、芝のダメージ箇所や草丈の伸長に対して各種薬剤を散布するなど多岐に渡っています。それに加え、危険を伴う箇所での作業には労災リスクの可能性もあり、管理を行うグリーンキーパーにとって大きな負担となっています。
そこで、グリーン管理を専門に手掛ける株式会社PFJ(代表取締役:新井 博、以下「PFJ」)のアドバイスのもと、「完全自律飛行でピンポイント散布できるドローン」を用いた実証実験を開始しました。
農業分野においてクライアントのニーズに合わせたドローンのカスタマイズに強みを持つTEADと、基本飛行性能に関わるフライトコントローラーや各種センサー、周辺デバイスや自律飛行の制御は様々な分野での経験と実績を持つPSDが協力することで、グリーンキーパーの負担軽減を実現していきます。

【今後の展開 】
複雑な地形や形状を要するゴルフ場における散布方式は、TEADの熟練パイロットが飛行した感覚、散布ポイントをPSDが自律飛行のプログラムへ調整、実装させる機微なノウハウの形式知化という新たなプロセスを経て具現化しました。広大なゴルフ場は無人地帯での目視外飛行の(レベル3)ターゲットでもあり、引き続き実証を継続しサービス化を目指していきます。

▼詳細はこちら
https://www.tead.co.jp/%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%95%e5%a0%b4%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e8%87%aa%e5%be%8b%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e8%96%ac%e5%89%a4%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

本件に関するお問い合わせ

会社名:TEAD株式会社
本社:群馬県高崎市江木町1637番地1
担当者:井上 暢悠(管理部)
TEL:027-388-9696
FAX:027-388-9697
E-mail:inoue@tead.co.jp
URL:https://www.tead.co.jp/

KBIC 概要

KBICは2000年度からスタートアップ期、アーリーステージのものづくりの企業育成や企業の新たな事業分野への進出を支援するとともに、基盤技術の高度化を通して地域経済の活性化を図ることを目的として川崎市が施設を設置し、かわさき新産業創造センター共同事業体が運営をしています。現在、施設には40社以上の企業が入居しており、入居率は90%を超えています。
https://kawasaki-sozonomori.jp/